現地でイメージの共有

現地でイメージの共有

今日は先日お会いしたお客様がお見えになる予定でした。
その前に購入される予定の場所へ行き
大まかな配置と動線、お隣の視線などを配慮した私たちのイメージを3人で共有する時間を設けました。
駐車場の位置は希望の台数にもよるけど基本はこっちかな
玄関へのアプローチはできればこうしたい
そのためには玄関ポーチは・・・
3人で意見を出し合っているうちにワクワク感が高まります。
元也と卓馬でヒアリングもさせていただき
きっと満足していただける提案ができると思うので期待していてくださいね。

地鎮祭にありがたいご縁

地鎮祭にありがたいご縁

真っ青な晴天の下、地鎮祭が取り行いわれました。
渡辺建築のスタッフが椅子を並べ
基礎担当の小野組さんが砂と竹
渡辺建築でお願いした神主さんが祭壇の準備をされているところへお施主様の到着です。
紹介する間もなく奥様が神主さんのところへ行き挨拶をして話をされています。
???
聞いてみると奥様の実家でお世話になっている神主さんで
奥様の名前も付けていただいたそうです。
ご縁のある神主さんに自宅の地鎮祭を行っていただけて良かったですね、
これでお施主様のご多幸間違いなしですね。

地鎮祭も思い出に

地鎮祭も思い出に

明後日はいよいよ地鎮祭
お施主様とは出会いから3年半が過ぎる間
いろいろな方向で計画を模索してきました。
場所のこと、暮らし そして計画中に新型コロナの影響などの不安
ひとつひとつクリアしてすっきりした気分でスタートが切れそうですね、
私達も地鎮祭を前に、雑草も刈り取りおきました。
あとはテルテルボウズお願いします。

暮らしの提案

暮らしの提案

休み明けのお客様へ提案のために3人で取り組んでいるお休み前最終日です。
お客様からのヒアリングを参考に使い勝手 収納スペースそして動線を考え
エクステリア担当からの敷地への配置、高さの関係、アプローチからの動線を盛り込みました。
家のラフが出来上がった状態で再び皆で意見だし
家の中からの景色を楽しむには・・窓を低く 道路側の窓は視線を切ろう 風も入れたいね
外観も良い感じにまとまって「これを休み明けに仕上げることにしよう。」

渡辺建築では家の中と外と空間を最初の段階から盛り込んで
お客様に合った暮らしの提案を心がけています。

在宅勤務に配慮した提案

在宅勤務に配慮した提案

新型コロナウィルスの感染予防から

在宅勤務の方が増えるようです。
今提案中のお客様も自宅での仕事が

中心になるそうです。
これまでの提案では書斎は

優先順位の低い存在でした。
というのもで書斎は旦那さんが

一人になるスペースもしくは

持ち帰りの仕事をこなす程度の場所

というイメージでした。

これが在宅勤務となると、

1日中仕事をする場所になるので

仕事に集中できるストレスを感じない
お隣さんと視線が合わない窓の工夫、
家族も気を使わなくてすむ部屋の位置関係
などなど考慮すべき点がすごく増えました。

事務所でスタッフと意見を出し合った後

現地で確認やはりその場に立つと

見えてくるものがたくさんありますね。

週末の打ち合わせでは私たちの考えを

説明させていただきたいと思います。

敷地調査から

敷地調査から

渡辺建築では建て替えの計画には敷地調査から始めます。
紙の上で敷地と建物を描く前に
敷地の形状はもちろん高低差、正確な方位、法的な条件もろもろ
写真は下水ますの深さを測っているところ
広い敷地では下水 雨水排水の勾配も考慮しなければなりません。
建て主さんにとっては意外な作業に見えるかもしれませんが
計画の見直しとか途中でプランの変更うが必要ということがないように
まずは敷地の調査をさせていただきます。
夢の暮らしのため、確かな提案をさせていただきます。