家づくりのパートナーとして

家づくりのパートナーとして

比奈のお宅ではキッチンの取り付けを行いました。
1週間ほど前までは換気扇、

IHクッキングヒーター、食洗器が

間に合わない予定でした。

そう、新型コロナウィルスの影響で

中国で作っている部品が入ってこないため

この3点が欠品となっていました。

それが先週になって

「間に合うかもしれません」

今週には「揃います。」と

メーカーからの連絡で一安心でした。

他ではまだまだ待ちの現場が多いと聞きます。

今回間に合うことができたのは

お施主様が私たちを工事の計画段階から

家づくりのパートナーとして

話し合っていただいたので

「早めに準備しましょう」をという

アドバイスを受け入れていただいたからだと思います。

順調に進んでいる工事は漆喰塗りの作業に

入っています。

おそれいりました。

おそれいりました。

キッチンとリビングの雰囲気を区切るのに格子の提案をしていました。
お施主さんは暗くならないかと心配されたので
四角い断面ではなく居間側を面取りすることで
光が差し込みやすく面の反射も手伝って暗くなるのを防ぐ効果があることをアドバイスしていました。
これは日本の古い建物とか北陸の建物に見られる工夫です。
今日の打ち合わせではその具体的な寸法をお施主さんが算出されていてびっくり

「光がこの角度で入ると通り抜けてこの寸法はタンジェントなになにで・・・。」
タンジェントっすか・・・理解するより寸法を教えていただきます。
数学の先生をされていたそうで おそれいりました。

1か月点検

1か月点検

2月に入居されたお宅の1か月点検に伺いました。
一般的には3か月か6か月で行っていますが
不具合があるとしたら3か月を待たずにストレスになっている。
万が一何か手落ちがあったとしたら良くない方向に進んでしまっている。
そんな意味から入居1か月で点検させていただきます。
建付けから水回りそして床下に潜り給排水に異常がないかを確認しました。
今回も異常なし そして自賛になりますが床下もとてもきれい。

点検を終えお持ちした贈り物をお客様と一緒にページをめくってみていると
家を任せていただくことってすごいこと と改めて感じました。
「そうそう、時計とか付けるものがあったら付けていきますよ。」
これも点検時の仕事の一つです。

事務所脇のライティング

事務所脇のライティング


今日もお客様との打ち合わせや
これからの家づくりの話で楽しい時間を過ごした1日でした。
最後に今日届いた住宅点検の返信ハガキの希望日を予定表に書き込んで本日の作業終了。
事務所を出て「ふーっ」と一息つくと、
ライトアップされた木がお疲れ様と言ってくれているようです。

お世話になりました。

お世話になりました。

昨日、黒田のお宅のお引渡しが無事済みました。
近隣の方には数ヶ月に渡り 
工事の音、車両の出入りなどご理解をいただきありがとうございました。
北側地主様には空き地を駐車場に貸していただきとても助かりました。
完成した家の室内はカーテンが取り付き
お施主様の荷物が運ばれ生活感が増してきました。
1ヶ月点検でその後の様子をお聞きするのが楽しみです。

体感会1日目

体感会1日目

ご来場いただきありがとうございました。
お越しいただいた方からの感想は
木の匂いがしていいね
この収納使いやすそう
本物の家って感じ
この床気持ちいい
床があったかいけど床暖房?
この雰囲気落ち着くね
などなど
明日は今日より冷え込むようなので
断熱性能の良さがとても分かりやすいと思います。
体感会2日目も会場でお待ちしています。