先ずは養生

先ずは養生

台所リフォームです。

出入りはハキダシ窓からで門を通らせてもらいます。解体から仕上げまで色々な業者が安心、安全に作業できることが良いリフォームにつながると考えています。

なので先ずはガッチリ養生です。

大工 卓馬

住宅は安全が最優先

住宅は安全が最優先


阪神淡路大震災から25年経ちました。
この地震では住宅の倒壊で多くの方が犠牲になり、
その教訓から住宅の強度を耐震等級1~3の数値で表すようになりました。
筋交いなどの耐力壁もバランスよく配置して住宅の強度は上がったものの
九州の地震ではまたまた課題が見つかりました。
建築基準法をクリアしていても繰り返しの強い揺れに耐えられないというのもそのひとつ
それから繰り返しの揺れに対して復元性を持たせるのに制振が有効と考えられるようになりました。
渡辺建築ではお施主様に安心して暮らしていただくため
耐震等級3相当+制振構造を標準としています。
阪神淡路大震災を経験された女性のお話で
「地震で亡くなった人は一人もいないんです。
亡くなった人は壊れた家の下敷きになったり・・・
家を建てる人達は地震で壊れない家を建ててください。」
震災直後 建築屋として胸に刻んだ言葉です。

家と同時に外空間も進めています。

家と同時に外空間も進めています。

こんにちは、エクステリア担当の

渡辺元也です。

黒田のお宅では、家が仕上げの段階です。

今までで一番、漆喰の量が多く

左官職人が一生懸命に丁寧に

塗ってくれています。

天井は無垢の板張り仕上げで

室内は自然素材に包まれてきています。

入居したその日から

澄んだ空気に包まれた室内で

住むことができます。

そして、外でもエクステリアの工事を

並行して進めています。

まだまだ家の工事が続いていますが、

チームのみんなが融通をきかせて

エクステリアの工事を

進めることができています。

今日は細かい部分の打ち合わせも終わり、

家と一体感のある外空間づくりを

進めていきます。

2020スタート

2020スタート

新年は床リフォームでスタートです。

年末年始の休みで道具の手入れもできたので気持ちよく作業できます。

“仕上がりが楽しみ!”とおっしゃる施主様のためにも丁寧でスピーディーな仕事をします。

大工 卓馬