住宅は安全が最優先


阪神淡路大震災から25年経ちました。
この地震では住宅の倒壊で多くの方が犠牲になり、
その教訓から住宅の強度を耐震等級1~3の数値で表すようになりました。
筋交いなどの耐力壁もバランスよく配置して住宅の強度は上がったものの
九州の地震ではまたまた課題が見つかりました。
建築基準法をクリアしていても繰り返しの強い揺れに耐えられないというのもそのひとつ
それから繰り返しの揺れに対して復元性を持たせるのに制振が有効と考えられるようになりました。
渡辺建築ではお施主様に安心して暮らしていただくため
耐震等級3相当+制振構造を標準としています。
阪神淡路大震災を経験された女性のお話で
「地震で亡くなった人は一人もいないんです。
亡くなった人は壊れた家の下敷きになったり・・・
家を建てる人達は地震で壊れない家を建ててください。」
震災直後 建築屋として胸に刻んだ言葉です。

 
住宅は安全が最優先
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様



阪神淡路大震災から25年経ちました。
この地震では住宅の倒壊で多くの方が犠牲になり、
その教訓から住宅の強度を耐震等級1~3の数値で表すようになりました。
筋交いなどの耐力壁もバランスよく配置して住宅の強度は上がったものの
九州の地震ではまたまた課題が見つかりました。
建築基準法をクリアしていても繰り返しの強い揺れに耐えられないというのもそのひとつ
それから繰り返しの揺れに対して復元性を持たせるのに制振が有効と考えられるようになりました。
渡辺建築ではお施主様に安心して暮らしていただくため
耐震等級3相当+制振構造を標準としています。
阪神淡路大震災を経験された女性のお話で
「地震で亡くなった人は一人もいないんです。
亡くなった人は壊れた家の下敷きになったり・・・
家を建てる人達は地震で壊れない家を建ててください。」
震災直後 建築屋として胸に刻んだ言葉です。