自分流にヴィンテージスタイル

自分流にヴィンテージスタイル

「30年前に親が建てた家を大切にしたいけど、生活スタイルが合わなくて・・・」

そんなご相談からスタートしました。

今ある家も大切にしないとね。 つくり手としてもほっとするものがありました。

リフォームの目的は使い勝手を良く、明るい部屋、冬も暖かく、そして自分流にセンスアップして毎日を楽しみたい。

和の雰囲気を残して畳を杉の床板に、古民家風に色づけした木と幻の漆喰の白で引き締まった部屋は、趣味のナチュラル雑貨の飾り付けがとても似合う空間です。

毎日を楽しむ暮らし

毎日を楽しむ暮らし

「もうじき定年を迎えるので、自宅で過ごす時間が増えるだろう。

今の住まいを毎日楽しんで暮らせる空間にしたい。」というご要望からスタートしました。

旅行が趣味のお施主様 旦那様のこだわりは大好きなお風呂

朝には鳥のさえずりを、夜には庭の灯りを、雨の日には濡れた木々を楽しんでいただいています。

奥様のこだわりは毎日使うキッチン アイランド型にすることで旦那様と二人で料理する時間が増えて、ご自宅で過ごす時間を楽しんでいただいています。

和を愉しむ暮らし

和を愉しむ暮らし

地震を心配されているお施主様の依頼で、耐震補強工事を行いました。

既存の家を地震に負けない家にするのも、家守の役目です。

安心・安全が第一の目的で、リフォームも兼ねています。

仕上がりはお施主様の好みに合わせて囲炉裏が似合う和の趣に。

小分けされていた部屋を繋げ、ゆとりのある空間に

梅の花が咲く庭を見ながらのお茶が楽しみですね。

ゆったりと暮らす

ゆったりと暮らす

「知り合いの設計士に頼んで立てたんだけど、使いにくくて困ってる」という相談でした。

家の中央には一段上がった暗い和室があり、そこを乗り越えないと奥の子供室へは行けません。

しかもその和室を使うことはほとんどないようでした。

まずは問題の和室を撤去して、ワンフロアーの明るい広々とした空間にしましょう。

和室のあったスペースはキッチンとの間口を設けてダイニングに、隅に追いやられていたピアノとテーブルを置いていい感じです。

キッチンにはルーバー格子を取り付けることによって、空間を完全に分けることなくリビングからの視線を遮りました。

リフォーム後、広々とした空間にジャズが流れ、コーヒーの香ばしい香りが漂っています。