のびのび暮らす家

のびのび暮らす家

「木による癒しや香りなど、木を感じる家を建てたい」というご要望から始まった家づくり。
工事中は幾度となく現場へ顔を出し、仕上がっていく過程を見てきたお施主様は完成前から『我が家』への愛が募るばかりだったそうです。土地探しから家づくり、間取りはもちろん、素材、色選びまでこだわり抜いたお施主様の感想は「大満足の家が出来上がりました」。
仕事から帰ってきたご主人はライトアップされた我が家を見て「やっぱうちがいいわ~」としみじみ。奥様は季節ごとに表情を変える外空間を楽しんでいただいています。家族みんながのびのびと暮らす家ができました。

50代で建てる家

50代で建てる家

子育てが終わり、ご夫婦二人の生活を迎えるお施主様の家づくりです。
ポイントは、
・開放感のある浴室、ハーブガーデンなどご夫婦それぞれの趣味を大切にする家づくり。
・近すぎず遠すぎずでお互いの存在を感じられる距離感。
・つけ置き洗い用流し、宅配ポストなど実用的で管理しやすい空間づくり。
など時間をかけて話し合いました。

自分流アメリカンの家

自分流アメリカンの家

「サーファーズハウスを建てたいんです」
型にはまらず自分たちの価値観で毎日の暮らしを楽しみたいお施主様のスタイルはアメリカン。
家づくりのスタイルもアメリカンに進められました。お施主様自らがハケを持ち塗装を行い、コテを手に壁を塗ったりと、思い出いっぱいの愛着の湧く家づくりになりました。

和の趣のある家

和の趣のある家

ご両親と一緒に暮らす二世帯住宅に加え、「弟家族が帰ってきたときに泊まれる部屋も作ってあげたい」とおっしゃるお施主様。そんな温かな人柄が感じられる外観です。玄関を開けると正面には立派な桧の大黒柱が家族を見守ります。
「節があってもいいから木を使って」木が大好きなお父さんにも喜んでいただけた木づくりの家です。

和風平屋の暮らし

和風平屋の暮らし

大規模リフォームか建て替えで迷われた時期があったそうです。
建て替えに決めた理由は、
「平屋の暮らしをしたい」
「次の代に良いものを残してあげたい」という家族への思いやりでした。和風平屋を今の時代に合うようにアレンジし、性能と素材で住み心地が良くなりました。新居に合わせて新調した半天は着なくて済んでいるようです。毛布、湯たんぽ、こたつの無い快適な冬を過ごせたそうです。足から伝わる無垢の床板の温もりを実感していただいております。
深軒は家の中と外の中間に位置して、趣のあるちょっと懐かしい時代を感じさせます。

家族想いの家

家族想いの家

新しい家族のために、生まれ育った家を建て替えたお住まいです。
お父さんが建てた思い出の家の材を引き継ぎ、新しい住まいでも随所で使わせていただきました。
小さなお子様も安心して暮らせるよう無垢の床、漆喰の壁など素材にもこだわった健康住宅です。
休日の晴れた日には、出かけなくてもお子様とわんちゃんが広々としたウッドデッキ、気持ちのいい天然芝のお庭で楽しんでくれます。それぞれのプライバシーは保ちながら、家族それぞれが繋がる二世帯の『家族想いの家』です。