桧と漆喰のくつろぎの二世帯住宅

桧と漆喰のくつろぎの二世帯住宅

ひとつ屋根の下で、それぞれの世帯の暮らしに
配慮した住まいになっています。
桧の床と天井と壁にふんだんに使った漆喰が、
家族のくつろぎの暮らしを作ってくれます。

新しい家の玄関框には、古い家の床柱を大工が加工して据えました。
これからも永く家族を見守ります。           

=家の概要=
長期優良住宅・スーパーウォール工法・制震構造・富士ひのき

=家の性能=
気密[C値0.48c㎡/㎡ 43坪の家全体の隙間がコースターくらい]
温熱[Q値2.2W/(㎡・K)] 外皮[UA値0.56W/(㎡・K)

=家の耐震=
耐震等級3相当

穏やかな子育てを叶える杉と漆喰の家

穏やかな子育てを叶える杉と漆喰の家

小さなお子様も安心の自然素材を使った住まいです。
うづくりの床はキズが目立ちにくく、一年中素足でも心地良いです。
夏はさらさら、冬は床暖房がなくてもヒヤッとしません。
壁、天井にふんだんに使った漆喰が深呼吸したくなるくらい
澄んだ空気にしてくれます。
本物の自然素材の家だからこそ気を使うことなく、
家族みんながのびのびと暮らせる住まいです。

思い出づくりの家

思い出づくりの家

「ばあちゃんの山に植わっている木を使いたいんです」という
お施主様のお言葉から始まった思い出づくり。
工事中にはたくさんの思い出が生まれ、
これからご家族の思い出が生まれるお住まいです。
 
=家の概要=
長期優良住宅・スーパーウォール工法・制震構造・富士ひのき

=家の性能=
気密[C値0.43c㎡/㎡]
温熱[Q値1.98W/(㎡・K)] 外皮[UA値0.55W/(㎡・K)

=家の耐震=
耐震等級3相当

〈一年住んでみてのご感想〉

思い出と暮らす家

思い出と暮らす家

古い家の建具などの材を残して新しい家に活かしました。
古い家の建具は、新しい家でもいい味わいを醸し出します。
太柱が支える深軒は、夏に日陰をつくり、日本の気候に合った快適さを生みます。
また、古い家の切石は、新しい家の軒下の土間の縁取りとして据えました。