お世話になりました。

お世話になりました。

昨日、黒田のお宅のお引渡しが無事済みました。
近隣の方には数ヶ月に渡り 
工事の音、車両の出入りなどご理解をいただきありがとうございました。
北側地主様には空き地を駐車場に貸していただきとても助かりました。
完成した家の室内はカーテンが取り付き
お施主様の荷物が運ばれ生活感が増してきました。
1ヶ月点検でその後の様子をお聞きするのが楽しみです。

体感会1日目

体感会1日目

ご来場いただきありがとうございました。
お越しいただいた方からの感想は
木の匂いがしていいね
この収納使いやすそう
本物の家って感じ
この床気持ちいい
床があったかいけど床暖房?
この雰囲気落ち着くね
などなど
明日は今日より冷え込むようなので
断熱性能の良さがとても分かりやすいと思います。
体感会2日目も会場でお待ちしています。

居心地の良さを体感してください。

居心地の良さを体感してください。

明日から2日間 富士宮市黒田で完成体感会を行います。
渡辺建築がつくる家は
住む人にとって使い勝手が良く、素材にもこだわるので居心地のよい空間です。
もちろん地震にも強いので安全
このお宅の性能はゼロエネ住宅G2クラスという優れた断熱性能を持っています。
2日間の体感会では2月の寒い中、その居心地の良さを体感していただきたいと思います。

完成間近

完成間近

室内とウッドデッキの養生を撤去していよいよ完成間近を実感します。
うづくりの床が現れた部屋は雰囲気が変わり表情豊かに見えます。
空気も漆喰の甘い香りは控えめになり、養生を剥がされた飫肥杉のい〜香りが出番を待っていたかのよう。
お施主様の入居にはエクステリアの仕上げも間に合わせ、
リビングの外にはウッドデッキが空間の延長のように広がりを感じさせます。

お施主様はお仕事が忙しく我が家を見るのは久しぶり
うしろ姿が感慨深そうです。

住宅は安全が最優先

住宅は安全が最優先


阪神淡路大震災から25年経ちました。
この地震では住宅の倒壊で多くの方が犠牲になり、
その教訓から住宅の強度を耐震等級1~3の数値で表すようになりました。
筋交いなどの耐力壁もバランスよく配置して住宅の強度は上がったものの
九州の地震ではまたまた課題が見つかりました。
建築基準法をクリアしていても繰り返しの強い揺れに耐えられないというのもそのひとつ
それから繰り返しの揺れに対して復元性を持たせるのに制振が有効と考えられるようになりました。
渡辺建築ではお施主様に安心して暮らしていただくため
耐震等級3相当+制振構造を標準としています。
阪神淡路大震災を経験された女性のお話で
「地震で亡くなった人は一人もいないんです。
亡くなった人は壊れた家の下敷きになったり・・・
家を建てる人達は地震で壊れない家を建ててください。」
震災直後 建築屋として胸に刻んだ言葉です。