古谿荘見学

古谿荘見学

岩渕にある 国の重要文化財 古谿荘を見学に行ってきました。
聞いたことはあったのですが、詳しくは知らず 見たこともありませんでした。
チームわたなべの畳職人 田中君から「一度は見たほうがいいですよ」とお勧めでした。
田中光顕という人が作ったもので
後の住まい青山荘の床の間3尺×9尺の畳を田中君が作り直したとのことです。
現地ではガイドさんがついているグループに混ざって説明を聞いていくと
へー なるほど ととても参考になりました。
建物と敷地内の配置は和と洋の融合
材と施工は目を奪われるような派手なものではありませんがさりげないく良質なものを
細かなところに手を掛けた仕上げ
当時としては先端の工法と設備が設けられているそうです。

こんなすごいものが地元富士市にあったとは・・感動でした。

受賞おめでとうございます。

受賞おめでとうございます。

SWスター会では毎年8月1日夜をロウソクの灯りで過ごすイベント「キャンドルナイト」を企画しています。
渡辺建築のテーマは家族の思い出づくり 
前もって渡辺建築の事務所でのイベント「手作りキャンドル」を楽しんでいただき
当日自分で作ったキャンドルに火を灯して過ごしていただいています。
その様子を会の全国フォトコンテストに出展していただいたところ
見事 銅賞!
「とうと かあかと作ったキャンドルがきれいでよーく見たいけどまぶしくて・・
こうしたらよく見えるよ、 わ〜きれ〜」
そんなご家族の会話と笑顔が感じられる写真ですね。

受賞おめでとうございます。
そして素敵な写真ありがとうございました。

家と庭ダブルで受賞

家と庭ダブルで受賞

年に一度のLIXILメンバーズコンテストの
新築部門で受賞し、
エクステリアメーカーのタカショーの
ライティングのコンテストで
入賞をいただきました。
これまでは住宅、エクステリア
それぞれ単独の受賞はありましたが
渡辺建築のテーマ「暮らしの提案」からは
とても意味のあることです。
家は巣立った家族がいつでも集える間取り 
代々お世話になった家の材を要所に使い
四季を手軽に楽しめる庭には 
みんなでスイカを冷やした思い出のある
湧水を生かしたライティングで
普段の暮らしにくつろぎといろどりを

これからもお客様の暮らしをイメージし
家と庭で 住むほどに愛着の湧く家を提案していきたいと思います。

楽しんでいただいてます。

楽しんでいただいてます。

お施主様から 仏壇の天井に絵を描き始めたんだけど替えの板を貰えないかと連絡が来ました。
描いている間天井に穴が空いた状態になってしまうのが気になるそうです。
早速杉の板を持って伺うと
おー!すごいね、本格的じゃん!
「亡くなったおじいさんが大事にしていた牡丹と山桃なんですよ。」
板は外せるように細工してあって 裏表使えるようにしてあります。
裏はなに描くの?
「裏は鳥を描こうと思って。」と画伯は奥様
完成を見せていただくのがとても楽しみです。

テレビの横には自家製の加湿器
庭には小鳥の餌場
見上げると鳥の巣箱
いいね〜楽しんでますね。

2019渡辺建築の秋まつり

2019渡辺建築の秋まつり


暖かな陽気の中 秋祭りを行いました。
大勢の方にご来場いただきありがとうございました。
11回開くことができたのも、渡辺建築を支えてくださっているお施主様
近隣でお世話になっている方たちのおかげです。
そして、日曜日に手伝いをしてくれる協力業者とスタッフの皆にも感謝です。
みなさんありがとうございました。
 

台風に備えて現場養生

台風に備えて現場養生

台風19号がこちらへ向かってきています。
こんな時 建築屋は現場が心配 
そしてこれまで建ててきたお宅の無事を願います。
黒田の現場では 足場担当の丸昇仮設が足場のメッシュを畳み
念のため 産廃ボックスの交換 敷地回りのメッシュを外し 確認看板の一時撤収 と
工事中の家を守るだけでなく
ご近所に迷惑をかけないよう気を配ります。
予想進路を見ると直撃?のコースですが
この地域に被害もなく過ぎ去って欲しいものです。