富士市 N様邸

富士市 N様邸

地域の家守と相談して手に入れた、何ものにも代えがたい健康に暮らすための家。

nakagawa_main-thumb

潮風が気持ち良い街道近くの片流れ屋根のモダンな住まい。
仲むつまじく暮らす家は、末永く健康に暮らすという確たる目的のために、地域の家守が丁寧につくりあげていきました。
住んでから5年の歳月が経過した初夏のある日、三人で暮らしのことを話しました。

 

新しい住まいを考えるきっかけはどんなところにありましたか

ご主人

以前住んでいた家はね、昔ながらの間取りの住まいで。それなりに年齢も重ねてきたので、リフォームをして住みやすくしようかなと思っていたんだ。

奥さま

なんていうか不健康な家だったの。薄暗くて、なんだか気分も暗くなるような…。家のなかを移動するのが億劫で小さな段差でもつまづいてしまったり。

ご主人

渡辺建築とは親父さんの代からの付き合いということもあったので、まずはリフォームを前提に相談してみたんだ。

奥さま

完成見学会でAさんのお宅Tさんのお宅を見させていただいてね。足を踏みいれた瞬間に、「ああ私たちこういう家に住みたいんだ、こんな暮らしがしたいんだ」ってピンときたんです。私たちの暮らしに対する想いが募るなかで、リフォームよりもできることがたくさんある新築にしちゃおうって。

ご主人

新築もひとつの手段だなというお話をいただいて、図面も何度か書いてもらった。よく考えればそうだよね。目的は「健康に暮らしたい」ということであって、住まいを新しくする、リフォームにしろ新築にしろそれは手段でしかないんだということに気が付かせてくれた。

奥さま

健康のことを考えたらやって本当によかったと思います。

ご主人

そうだね。金額でははかれない大切なものがある。環境って大事だよ、本当にそう思う。

nakagawa01

 

「健康に暮らす家」住み心地はいかがでしょうか。

ご主人

まず空気が違うね。これは言葉で言ってもわからないよ。漆喰や杉の自然素材が湿気や臭いを吸ってくれる。空気が澄んでいるというか。ご覧の通り、室内犬を飼っているんだけど嫌な臭いがないんだよ。むしろいい杉のいい香りがするんだよね。住み始めると鼻が慣れてきてしまうんですが、何日か家を空けて帰ってきた時にはやっぱり深呼吸をしたくなるよ。

奥さま

段差にしても、空気にしてもストレスがないことは生活していて本当に楽ですよ。家の中でも行動範囲が広がりました。住んでいると良さに慣れてきますけど、お友達をお招きした時に「いいお住まいですねえ。私はこんな家に住みたかったんですよ」とお世辞なしで褒めていただいた時はやっぱり鼻が高くなりますね(笑)。

ご主人

渡辺さんは「Nさんちは、健康に暮らしたいという目的がしっかりしていたから、提案もしやすかったです」と言ってくれる。こちらもおかげさまで心地いい暮らしができている。何よりも毎日の生活を安心して過ごせることがなによりの住み心地のよさだね。

nakagawa02

 

住まいのなかで気に入っているところはありますか

ご主人

家の中全部だね、階段のまわりをぐるっと囲むようにウォークスルーできるようになってるし。
奥さま バリアフリーということで車いすのことも想定して、玄関口にスロープもついているんです。健康になった今では必要ないですけどね(笑)。

ご主人

あとは、親方だよね。電話をかければすぐに来てくれる。職人も安心感がある。これは他のメーカーではなかなかできないことだと思うよ。補助金の話も提案してくれて、おかげで建具も杉に変えることができたよ。現場での工事は私がリタイアしてからの着工で、施主が毎日現場に来るもんだからやりづらかっただろうね。現役中は品質管理のような職だったからチェックも甘くはないからね(笑)

奥さま

他の住宅会社なんかでは、施工中の現場に許可無く入れないなんて聞いたこともあるけれど、渡辺さんの場合はそんなこと全然ありませんでしたよね。

ご主人

職人たちも責任もって現場で活躍してくれましたね。不思議と仕上がりに人柄が出るような気がするね。
奥さま そうなの、昔の家には不満があったのは確かなんだけど、新居に住み始めて、新築の家なのに長く住んでいたような気がしたんですよ。前の家では初日はなかなか寝付けないかったんだけど、違和感もなくすっと眠りについちゃったわ(笑)。

nakagawa03

 

渡辺建築のお客さまは生活を楽しもうとされる方が多い気がします

ご主人

そうかもしれないですね。住まいでもクルマでも趣味でも愛着をもって使ったほうが長く使えるし、大切にできると思うんですよね。見せてもらったお宅も、それぞれ住まわれている人のカラーが出るよね。ひとつとして同じ家という感じがしなかったんだよね。

奥さま

私たちも背伸びして暮らすのではなくて、普段着の生活を大切にしたいですよね。よそ行き感覚ではなく普段着の中での贅沢というか。

ご主人

繰り返しになっちゃうけど、自分たちが望むように暮らすには環境は大事なんだよ「健康に暮らしたい、笑顔で暮らしたい」。そのためには目的を叶えられる住まいで暮らす。私たちは渡辺建築に頼んでよかったですよ。家を見てもらえば、暮らしを見てもらえればそのよさがわかると思うよ。

お二人

こんな話でいいのかな?素直な感想を言わせてもらったけど(笑)。
今日はありがとうございました。

 

富士市 M様邸

富士市 M様邸

リフォームで手に入れた、澄み渡る気持ち
安心と安全に溢れた終尾の住まい

muroi_main-thumb

お父さんとお母さんに安心して暮らして欲しい。
安心して住まうことができるということは幸せだということ。大工のリフォームで実現しました。

 

リフォームをしようとしたきっかけはなんでしょうか。

ご主人

私がこの富士市に来たのは昭和30年ころ。富士山のそばで小さな薬局を開店し、地域のことに少しでも貢献できたらと思って家内を連れてやってきたんです。子どもにも恵まれ、地域でもいろんな役割をやらせていただいて50年、たくさんの思い出が詰まった家なのですが、雨漏りなど不都合な部分が少なくなくて。

奥さま

だましだまし住み続けていけばいいかなと思っていましたが、地震のこともあり、子どもたちから安心して住めるようにと促されて。息子の知り合いであった渡辺さんに相談してみたんです。

ご主人

腕がよくて経験のある大工さんが見ると、雨漏りだけではなくて耐震など不安になる部分がたくさん見つかりました。増築を繰り返した家なので、どこかで無理があったのかも知れませんね。

奥さま

大きな台風のときは怖い思いもしましたので、子どもたちの提案に乗ろうと思ったことと、信頼できる渡辺さんに出会ったことでリフォームを決意しました。

muroi01

 

渡辺建築でリフォームをしようと思われたポイントは?

ご主人

とにかく腕のある大工さんだってことですかね。

奥さま

もちろん息子と知り合いだったということもありますが、話してみて安心できるところですね。安心できる人に任せるのであれば、安心できるリフォームになるんじゃないかって。

ご主人

渡辺建築さんでリフォームをしようと思った…というよりも、リフォームをしようと思ったのは渡辺さんだからってことですね。他の業者さんを検討することはまったく考えませんでした(笑)。

muroi02

 

施工中の親方や職人の対応はいかがでしたか

ご主人

とにかく丁寧で細かいところまで気がつくんですね。渡辺さんをはじめとして、金森さんや職人さんがみんないい人でね。うちは薬局なので、メーカーのキャラクター『サトちゃん』が置いてあるんですけど、朝晩のサトちゃんの出し入れまで積極的にやってましたよね(笑)。

奥さま

大掛かりな工事の時は、「旅行にでも行ってきてください。そのあいだにやっておきますから」なんて言ってもらって。職人さんたちがみんないい人だから、すっかり任せて北海道旅行に行かせてもらいました。

ご主人

帰ってきたら今度は九州に旅行にも行ってね。常に安心していられたというのが率直な感想ですね。さらに言えば、補助金についても渡辺さんが熱心に調べてくださって。補助金の締め切り間際でなんとか間に合って費用の面でも大いに助かりました。

奥さま

千葉で建築関係の仕事をしている娘も渡辺さんのことを信頼していまして。先日富士に顔を出した時も「渡辺さんに会いたい」って言うくらいですから。

ご主人

工事の間に、天井でくたびれている部分が見つかって。渡辺さん、私たち、そして職人さんと現場にいる皆で話し合って、当初計画になかった天井にも手を加えることになって。職人さんも含めてみんなでやったリフォームって気がしますね。

muroi03

今回のリフォームの見所はどんなところに?

ご主人

すぐそこの柱を見てください。築50年のリフォーム前の家のものを使っているんです。以前の思い出を残しながらリフォームできたことが僕にとっては一番の収穫ですね。これは大工さんが教えてくれたのですが、壁をはがすと土だったり、昔の大工さんの仕事の粗さが目立ったりとびっくりすることもありましたが、それでも50年住んだ家。今まで頑張ってくれた家に、耐震補強もしっかりしてもらったので、安心に住めるという気持ちが嬉しいですね。

奥さま

ひのきなど木で囲まれていると空気が澄んだような気がします。いろいろな部分で使い勝手がよくなって家事もなんだかはかどります(笑)。なんだか若返ったような気分です。

ご主人

私も家内も笑顔が増えましたね。不思議と欲が出てくるもので、目の前にある小学校の生徒たちをはじめとして、みんなが笑顔になれるような絵を今では店舗のシャッターに描きたいなと思っています。

奥さま

私たちのリフォームの一番のみどころは、私たちの気持ちが晴れ渡っているということに尽きると思います。耐震や素材などはあくまで手段であって、明るくなれる、そんな安心できる住まいで暮らせるということが伝わればいいですね。

muroi04

 

貴重なお話ありがとうございました。

ご主人

こちらこそありがとうございました。実はね、工事が終わったあとに子どもたちも一緒に、渡辺さんと記念写真を撮ったんです。私たちにとっては本当に楽しくて嬉しいリフォームでした。

お二人

リフォーム前の家にもたくさんの思い出。そして記念写真をとるほど工事中にも思い出があります。もちろんこの安心して住める新しい家でもたくさんの出来事があるでしょう。これからも楽しくもっと笑顔で暮らしていきたいですね。今日は本当にありがとうございました。

 

御年86歳のご主人は、戦争のお話など貴重な体験なども語っていただきました。そんな思い出がたくさん詰まった家に手を加えるということは、リフォーム前を否定するのではなく、残せるもの、残していかなければいけないものを活用しながら、安心して住んでいただくことが地域の家守である渡辺建築の願いでもあります。

富士市 I様邸

富士市 I様邸

これからの日常をリラックスして暮らすこだわりリフォーム。

inaho_main

時間を楽しみたい。明るく暮らしたい。
細部にまでこだわりが詰まったI様のご要望を地域の家守がリフォームで応えました。

 

リフォームをしようとしたきっかけはなんでしょうか。

ご主人

私がリタイアを控えていたので、どうせなら毎日を楽しみたいと思っていました。新築も考えていて、住宅展示場や大手メーカーの見学会にも足を運んだりしたんです。

奥さま

主婦目線で言えば、やっぱり使い勝手のいい家がいいなと思っていました。私がアレルギーなどで少し敏感なところもあったので、自然素材が多く、光や風を感じる家っていいなと漠然とイメージしていました。

ご主人

私はやっぱり家の中でリラックスできることって大事だと思うんです。

奥さま

もとあった家に愛着もあるので、全部を失うのではなく、残せる部分は残すという選択肢があってもいいんじゃないかと思っていました。

ご主人

でも、リフォームでもいいなと思ったのは渡辺さんに出逢ってからかも知れません。

inaho05

 

渡辺建築でリフォームをしようと思われたポイントは?

奥さま

ある日、原田のO様邸の見学会チラシが入っていて、ちょっと覗いてみたんです。

ご主人

建築途中だったのですが、私はその構造を見て感心したのを覚えています。

奥さま

木を多く使っていたことと、接着剤などを極力少なくしていたのには好感を持てましたね。

お二人

とは言え、渡辺さんに会えて、私たちの想いを素直に聞いていただけたのが一番の収穫でしたね(笑)。

ご主人

大手メーカーだと、あれはダメこれはダメって。私たちが住む家なのに、生活スタイルや価値観を共有できなくてね。とても安心できるような状態じゃない。

奥さま

たくさん話しているうちに、なんだか渡辺さんを弟のように思えてきて(笑)。相手の身になって考えてくれる、生活スタイルを汲んでくれることは大きな決め手ですね。

inaho01

 

施工中のエピソードを教えて下さい。

ご主人

住みながらの大掛かりなリフォームだったので、エピソードには事欠かないですよ(笑)。

奥さま

キッチンがない時は、キャンプ用のコンロで料理をしたり、お風呂がない時も仮設のお風呂まで走って行ったり。階段がないときには外階段をつけてもらったり(笑)。

ご主人

不便といえばそうなのかも知れないけど、それも楽しんでやることができたのは、渡辺さんや大工の高田さんなどチームわたなべのスタッフの細やかな気遣いによるところかも知れません。

奥さま

現場に下げてあった交換日記も手放したくないくらい。作業中の要望にも応えてくれたり、逆に大工の高田さんからご提案をいただいたり。打ち合わせだけじゃなく工事そのものも楽しめましたよ。

ご主人

どんなに腕のいい職人さんでもコミュニケーションがとれないと宝の持ち腐れになってしまいますからね。そういった意味では本当に渡辺建築のみなさんとはいい話がいっぱいできたと振り返ることができます。

inaho001

 

今回のリフォームの見所はどんなところに?

奥さま

玄関、廊下、階段、リビングダイニング、キッチン、洗面、お風呂にトイレ…。いろんな部分に手を加えたんです。

ご主人

もちろん全部なんですけど、二人ともやっぱりお風呂は特に気に入っています。温泉旅館の雑誌を見せて、こんなお風呂がいいなって相談したところ、ほぼすべてのメーカーに断られましたが、渡辺さんは「これはいいですねえ」って言ってくれて嬉しかったですね。

奥さま

工事がはじまる前に、信楽焼の洗面ボウルを先に買ってきてしまいまして。それも快く引き受けてくれましたね。階段や玄関にも飾り棚をつけたり、間接照明なんかもこだわりました。

ご主人

そういった目に見える部分はもちろんですが、耐震補強もしてありますし、漆喰の空気感。そして採光や空間の使い方など、すべてにこだわっていて、満足度は高いですよ。

お二人

本当に長い時間かけて、渡辺さんとじっくり話してよかったと思っています。

inaho002

 

いろいろなお話ありがとうございました。新築だけではないということ、ライフスタイルを彩るという価値観が大変参考になりました。

ご主人

こちらこそありがとうございました。大きな金額をかけてリフォームすることに懐疑的な人も多くいたのですが、渡辺さんは違った。私たちは渡辺さんに出会うことができたのがリフォームの一番の成功だと思います。

奥さま

リフォームや新築に限らず、家を直す、建てることって目的ではなく手段ですよね。自分たちの生活も経年変化というか、時代やライフスタイルによって変わってくるものだと思います。

お二人

重ねてになりますが、私たちは渡辺さんに頼んでよかった。これからリフォームや新築を考えていらっしゃる人にも渡辺さんは自信を持って推薦できます。今日は本当にありがとうございました。

inaho03

取材の時に出していただいたコーヒーカップもお二人のチョイスの素敵なカップ。お住まいになるIさまだけでなく、招き入れられた人たちもどこかリゾート気分を味わうことができるリフォームには、親方である渡辺安彦もとても楽しい思い出がいっぱい詰まっています。

富士市 T様邸

富士市 T様邸

家族が明るく笑顔で暮らす住まい

tanaka_main

かわいらしい外観に、気持ちが晴れ渡るような白。
T様家族の明るさが反映されたような開放感のある家にお招きいただきました。

 

渡辺建築との出会いはどのようなものでしたか

ご主人

チラシに「来場後のしつこい営業はしません」って書いてあったので、近所で開催されていた完成見学会に足を運んでみたんです。会場に行ったら誰もいなくて、いろいろ眺めていたら渡辺さんがひょっこり現われて。

奥さま

人あたりもよくて、気のいいおじさんだなというのが第一印象ですね(笑)。

ご主人

その後、妻のお腹に赤ちゃんができたことをきっかけに、家族で明るくて楽しい家に住みたいという希望もあり、住宅展示場などにも足を運びましたが、総合的な部分で渡辺さんにお願いしたいなと思うようになりました。

奥さま

夏の暑いなか、私のつわりがひどい時も見学会に足を運んだりしましたね。

 

親方、そして渡辺建築のイメージは?

tanaka01

奥さま

建築中に娘が産まれて、渡辺さんから花束が届いた時には嬉しくてびっくりしました。出産や起工式など節目節目でいろんなお祝いをしてくれたり、職人さんと顔合わせをする機会を設けてくれたりと、何かと安心できるシーンが多いですね。

ご主人

渡辺さんや大工の金森さんは手がごつくていかにも職人という感じ。そこが私が惚れ込んだ理由でもあるのですが、やっぱり経験って他には替えられないものですからね。

お二人

とにかく、家に対する想いや技術、そして人柄という面で私たちは渡辺さんに大きな信頼を寄せることができたのは、私たちにとっても幸運なことでした。

 

こだわりはどんなところにありますか

tanaka02

奥さま

外観から内観まで、明るい家に住みたいという明確な要望があったのですが、“白”にはこだわりました。キッチンもお気に入りで、遊びに来てくれたお友達にも褒めてもらえるんです。

ご主人

快適だというひとことにつきます。収納もいろんなところにあったり、幻の漆喰や富士ひのきなど自然素材もたくさん使っているので、新築時から特有の嫌な匂いもしないですし。

奥さま

出産も控えていて、子ども、家族で暮らすことを中心に考えていたので、富士ひのきの床や幻の漆喰はとても気に入っています。9ヶ月になる娘もひのきの床の感触を楽しんでいるみたい(笑)。最初は床を傷つけたり、汚してしまったりしたらどうしようなどと思っていましたが、今ではもう全然平気ですね。

ご主人

子どもが気持ちよさそうにハイハイしている姿は親としても安心して見ていられますからね。

 

建築中に3月11日の東日本大震災や、3月15日の富士宮での震度5強の地震などがあったそうですが、トラブルはありませんでしたか

tanaka03

ご主人

大工の金森さんが足場が揺れて怖い思いをしたと言っていましたが、耐震等級3ということもあり、そんなに心配はしていませんでした。実際に足場は揺れたけど建物自体は大丈夫でしたからね。

奥さま

キッチンの取り付けなど微妙に遅れた部分もありましたけど、それは仕方がないことですね。でも渡辺さんがいろんな方面に動き回って部材などを手配してくれて、全体的にも工期はほとんど遅れずにすみました。

 

本日はありがとうございました

tanaka04

ご主人

信頼できる人を選んで家づくりをすることができて本当に私たちはラッキーでした。

奥さま

渡辺さんはいろんな事を言いやすいのがいいですね。いい家を建ててくれたと心から感謝しています。こちらこそありがとうございました。

お施主さまの声もT様で5件目となりました。
皆さま口を揃えておっしゃるのが「信頼できる人との家づくり」の重要性です。
渡辺建築では、お客様の要望をできる限り取り入れながら、最適なご提案ができるようにコミュニケーションを大切にしています。

富士市 O様邸

富士市 O様邸

想いを実現する、光りあふれる快適な住まい。

ok_main-thumb

流れる湧水が涼し気な富士市原田。街道沿いに佇む素敵な家。
暑い夏の日、プリザーブドフラワー教室を営むO様邸にお招きいただきました。

 

渡辺建築を選んだ理由はなんですか

O様

住まいを考えるにあたって、健康住宅というのを検索していました。そうしたら、富士市に「渡辺建築」という大工さんが見つかりまして。これだ!って思って住まいルームや富士宮のIさんのお宅も拝見させていただいて。足を踏み入れた時の空気感がすごく気に入ってしまって。
リフォームも考えていたのですが、外側だけきれいにするのではなくて、地元の木(しずおか優良木材)を使って気持ちのいい家に住みたいと思いまして、渡辺さんに頼むことにしました。

 

渡辺さん(親方)のいいところはどんなところでしょう

ok_01

O様

いろんなことをよく勉強されていて、熱心に対応してくれますよね。もちろんアフターサービスも。瓦やキッチンなどショールームについてきてくれたりして、単純に嬉しいですよね。

親方

私としてはとてもやりやすかったんですよ。O様はいろいろな勉強をしっかりされていて、例えばちょっと難しい木の話などもついてきてくれるというか、お互いにいい家を建てようという目標を共有できたのが嬉しかったですね。目的がはっきりしていますし、
O様

私は家を建てるにしてもなんにしても、詰まるところ「人」だと思っています。だから建てる人、大工さんがいい人だっていうのは決め手にもなりました。

 

親方とのエピソードはありますか

ok_02

O様

建築中の現場に、渡辺さんと施主さんがコミュニケーションをとることのできる「交換日記」のようなノートが吊り下げてあるんです。遠慮なくいっぱい書きましたよ。写真を貼ってこうしてほしいなんて要望や想いを詰め込みました(笑)

親方

私の提案で施主さまと想いを共有できるように取り入れているんだけど、二冊までいったのはO様がはじめてでしたね(笑)

O様

私がびっくりしたのは、施工中の現場がとってもキレイなこと。どうせ次の日また仕事をするんだから、やりっぱなしでも問題ないはずなのに、キレイに掃除片付けがきちっと毎日やっていること。家って見えなくなってしまうところが多いのですが、そのように掃除が行き届いていくのであれば、細かいところもきっちりやっているんだろうなと安心しましたよね。
 

こだわりはどんなところにありますか

O様

プリザーブドフラワーをやっているので、その際につかう小物がいっぱいあって、とにかく収納がいっぱいあるのが自慢なんです。それも渡辺さんと協力してリボンなどサイズを測って素敵に収納できるようになっているんです。他にも、自分で図面を考えて、渡辺さんに逆提案してみたりね。いろいろなご相談をして、たくさんの願いを叶えてもらったんです。昔は、家は三度建ててみて初めて満足できるモノができるとい言われていましたが、私の想いは全部実現してもらいまいした。
住み始めて改めて実感したのが、やっぱり自然素材をたくさん使っているので森林浴をしているみたいにすがすがしく、気持ちがいいですよね。私の目利きに間違いはなかったって(笑)。
 

今後、家を建てる方にアドバイスをお願いします

ok_03

O様

私の経験から言えば、目的を持って家を建てること。私の場合はプリザーブドフラワーをはじめとして、お茶とお花を楽しむサロンを運営したいとか、アフターヌーンティーパーティを開催したいとか、具体的な目的があるから、これこれこういう風にしたいと思って、それを建てる人にしっかり伝えて、共有することが大事です。あとは、やっぱり人ですよね。こだわりをもってやっている、信頼できる人に出会えるかどうかがカギになるんじゃないですかね。ですから、私みたいに渡辺さんと縁があった人は幸せかもしれません。お友達にも渡辺さんを紹介しているんですよ。

貴重なお時間ありがとうございました

ok_04

O様

こちらこそありがとうございました。お花とお茶のサロンをやろうと思っています。渡辺さんが建ててくれた自慢の家も見てもらうこともできるので、興味のある方はぜひお気軽に(笑)。

富士市 O様邸

富士市 O様邸

素敵な夫婦のコミュニケーション溢れる涼しげな家。

ooishi_main

一年点検の際にお話をお伺いしました。住んでみての感想や、親方の人柄など。
とっても夫婦仲のよいお二人とまるで座談会のようにインタビューが進みます。

 

渡辺建築を選んだ理由はなんですか

ご主人

実家のすぐ横で、親戚が渡辺建築さんに家を建ててもらったんです。とてもいい人だと聞いたので。実際に建てた家を見せてもらって、足を踏み入れた時の空気感とか木の香りをとても気に入ってしまいました。

奥さま

結婚する前からデートでハウスメーカーなどのモデルハウスに足を運んでいました。もちろん渡辺さんの住まいルームや現場見学会なども足しげく通いました。その時に感じた木の香りや居心地のよさがとても好印象でした。

ご主人

将来のことや子供が産まれた時のことも考えて、自然素材など健康的な住宅であることを重視していました。

奥さま

あとはやっぱり両親の強い推しもありましたね(笑)。渡辺さんはいい人だから頼んで間違いはないぞって。

 

住んでみての感想は

ooishi01

ご主人

夏はとても涼しいのがまずひとつ。私はとても暑がりなんですが、職場も暑く、前住んでいたマンションも湿度が高く暑くて眠れないような状態だったんです。

奥さま

夜もあまり眠れず、暑い暑いと繰り返していたよね。一家の大黒柱ですから、渡辺さんにとにかく涼しい家をって頼みました。

ご主人

解放的なキッチンや、広い間取り、バリアフリーなど空間の取りかたを渡辺さんと一緒に相談しながら考え抜いたので、コミュニケーションが増えましたね。

奥さま

主婦目線でいくと、家事をしながら「あ、そういえばね」という会話って結構多いじゃないですか。そんな時に主人や家族が見えるところにいるって嬉しいですよね。自然と主人も手伝いをたくさんしてくれるようになりました。これは住んでみて初めてわかった副産物です。

ご主人

これからもできる限りの手伝いはするからね(笑)。

 

親方とのエピソードはありますか

ooishi02

ご主人

親方を初めとして、チームわたなべの職人さんも皆さんが気さくで。ハウスメーカーなんかは許可がないと現場に入れないところもあるって聞きますけど、ずかずか入っていましたね(笑)。だって自分の家ですから。

奥さま

実は施工の現場と住んでいたマンションは目と鼻の先だったんです。工事している姿がまる見えで(笑)。もしかしたらやりづらかったかもしれません。

ご主人

家を建てる前にオーダーメイドでテレビ台を用意していまして。いざ図面を見たらコンセントの位置がテレビ台に合わない!完成間近でも変更を聞いてくれるなど、たくさんのわがままをお願いしました。

奥さま

家を建てることとは直接関係ないのだけれど、渡辺さんと奥さんと一緒に出かけた「第二東名のふれあいウォーキング」。17キロも歩きましたけど、渡辺さんはとっても疲れていましたよね。

ご主人

私たちのほうがちょっと早くて、折り返し地点から戻ってくる時に、渡辺さんとすれ違ってね(笑)。途中での折り返しやリタイアもOKなウォーキングだったんだけど、やり遂げる姿はやっぱり頼もしいなって思いましたよ。

お二人

このふれあいウォーキングは、私たちはもう引き渡しが済んで、実際に住みはじめてからのこと。こういったところでもコミュニケーションがとれるのは、家を任せるうえでとてもよいことだと思っています。

 

30代で建てられたO様。50代の親方と意見のズレなどはありませんでしたか

ooishi03

ご主人

もともと、私たちが古風な考えを持っている部分もありましたが、こだわるところはとことんこだわりましたよ。外壁の色なども近所をぐるっと廻って、陽があたっている時とあたっていないときをじっくり観察したりして。

奥さま

カタログに載っている色ではわかりませんからね。こういった部分に関しては、私たちも勉強しましたし。たくさんのことを渡辺さんに相談させてもらいました。かなりわがままな部分もあったと思いますが、それも渡辺さんはいろいろ付き合ってくれて。

親方

実は私も勉強させてもらうことが多かったんです。O様邸の工事がひとつの転機になった部分もあるなあ。

お二人

図面だけではわからない部分がありますからね。建ててる途中でイメージが湧いていって、ココをこうできないかしら?とか、言いたいことは全部言った気がします。やっぱりわがまま言ってよかったね(笑)。

ご主人

そういった意味では、世代の違いはほとんど感じませんでしたね。まあ違いがあったとしても、たくさん意見を言わせて頂いたので、まったく問題にはなりませんでした。

奥さま

渡辺さんも、昔の大工さんにありがちな頑固親父ではないですからね。少なくとも私たちは満足のいく家を建てられたと思っています。

 

今後家を建てられる方にアドバイスをお願いします

ooishi04

お二人

一生に一度の買い物なので、とにかく言いたいことは全部言ったほうがいいですよね。あとは少しでも自分たちが勉強すること。

奥さま

遠慮は無用ですね。もちろんそれを嫌がる方もいらっしゃるでしょうけど、渡辺さんならどんどん言いたいことを言えるから助かりました。

ご主人

相談にもたくさん乗ってもらいましたし。なんだか僕たち夫婦は言いたい放題みたいだね(笑)。

奥さま

だったそれでいい家に住めるならこれ以上幸せなことはないですよね。渡辺さんも楽しんでやってくれていたようで、私たちも嬉しいですね。

 

いろいろなお話ありがとうございました

ooishi05

ご主人

こんなおはなしでよかったですかね(笑)。私たちは渡辺さんだからわがままを言えたという印象が強いです。家づくりは妥協はしてはいけないような気がします。少しでも家を建てようとする人の参考になればいいですね。こちらこそありがとうございました。