思い出と暮らす家

古い家の建具などの材を残して新しい家に活かしました。
古い家の建具は、新しい家でもいい味わいを醸し出します。
太柱が支える深軒は、夏に日陰をつくり、日本の気候に合った快適さを生みます。
また、古い家の切石は、新しい家の軒下の土間の縁取りとして据えました。

 
思い出と暮らす家
工事種別 : 新築  完成 : 平成30年6月

工事箇所

使用材

スーパーウォール工法、うづくりの床、漆喰

1階面積

45.67坪(150.98㎡)

合計

45.67坪(150.98㎡)

使用材

スーパーウォール工法、うづくりの床、漆喰
 

仕様


古い家の建具などの材を残して新しい家に活かしました。
古い家の建具は、新しい家でもいい味わいを醸し出します。
太柱が支える深軒は、夏に日陰をつくり、日本の気候に合った快適さを生みます。
また、古い家の切石は、新しい家の軒下の土間の縁取りとして据えました。