思い出と暮らす家

思い出と暮らす家

古い家の建具などの材を残して新しい家に活かしました。
古い家の建具は、新しい家でもいい味わいを醸し出します。
太柱が支える深軒は、夏に日陰をつくり、日本の気候に合った快適さを生みます。
また、古い家の切石は、新しい家の軒下の土間の縁取りとして据えました。

思い出に集う家

思い出に集う家

古い家のケヤキの大黒柱、上がり框などの材料を丁寧に取り外し、新しい家に据えて思い出を繋ぎます。
敷地内に湧く水の流れを広げ、家の外にいても中にいても楽しめるようになりました。
ご家族、親戚、近所の方も自然と集まるお住まいです。