住まいの気密

松本地区での長期優良住宅新築工事ではSW工法(制振パネル)を採用しているので、高気密・高断熱です。

その気密の検査を行いました。

気密に対する知識と現場での地道な作業の成果もあり、C値=0.44という良い結果になりました。

隙間が無い分、外気の影響を受けにくく、室内の温度管理がしやすい住まいになります。
大工 渡辺

 
住まいの気密
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様


松本地区での長期優良住宅新築工事ではSW工法(制振パネル)を採用しているので、高気密・高断熱です。

その気密の検査を行いました。

気密に対する知識と現場での地道な作業の成果もあり、C値=0.44という良い結果になりました。

隙間が無い分、外気の影響を受けにくく、室内の温度管理がしやすい住まいになります。
大工 渡辺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です