杉の床

杉の床

東柏原での新築工事では杉の無垢材を採用させていただき、丁寧に施工しています。

  
杉の特徴として

柔らかい・調湿効果が大きい・赤身と白身がハッキリしている

というコトがあります。

一枚一枚個性豊かな材料なので、丁寧に施工しながら、貼り上がった全体をイメージしながら作業しています。

大工 渡辺

下地材も県産材で

下地材も県産材で

新築現場では外はサイディング貼りが始まり、中では天井下地を進めています

  

渡辺建築では下地材も県産材のものです。

防腐剤などの化学物質を染み込ませていない材料を採用するので工事中も住まいの空気は快適です

大工  渡辺

思い出の材

思い出の材

今日はいよいよ建て替えのお客様がお引越しの日です。

渡辺建築の流儀は、今まで住まわれていた家の材を縁起物として新しい家に取り込み引き継ぎます。

今回はこの一家団欒の場所で家を支えていた柱を寿束にしましょう。

いろんな場面に立ち会い、いろんな会話を聞いてきた柱

きれいでなくてもいい、小屋の束に使って高い所から見守ってもらう。

長い間お疲れ様でした。

1

床柱はローズ紫檀のよう、加工しなおして玄関框になるかな

桧の角柱も仏間と神棚の框になるかな、

思い出に囲まれた暖かな家に仕上げましょう。

 

住まいの中身

住まいの中身

先日、工事中の現場だからこそ見えたり体感できるイベントを開催しました。

なぜ「暖かい住まい」と言えるのかを見てもらい、体感してもらい今後の住まいの計画の参考にしていただきました 

 
大工の技術も住まいの良さをお伝えする事も日々の努力が大切だと実感しました

大工渡辺

表彰式。

表彰式。

こんばんは、渡辺元也です。

金曜日にLIXILエクステリアコンテスト2015の

表彰式に静岡まで行ってきました。

  
二年連続で出席できたことは
本当にうれしいことです。

また、あの場にいることで刺激を感じた

時間でもありました。
来年も出席できるように、

お客様に喜んでいただける

暮らしが豊かになるような外空間を
つくっていきます。