富士市 W様邸

いい家は人がつくる。ちいさな要望と大きな希望を残らず叶えた、住む人のことを考えた家。

waka_main-thumb

住まわれておよそ6年。実用的で、住み心地のよい住まい。建てる前、建てている最中、そして建ててからのお付き合い。
暮らしづくりについて、Wさまと渡辺建築のストーリーを紐解きました。

 

家を建てようと思ったきっかけは

ご主人

前に住んでいた家は、鉄骨造の冬寒くて夏暑い家。太陽の光が屋根に降り注いで、その熱がダイレクトにくるので、ちょっと手を伸ばしただけでも異様に暑い。今考えるととんでもない家だったんですよ(苦笑)。

奥さま

丈夫なのはよかったけどね。外階段を登って2階部分が生活スペースになっていたので、暑さには拍車をかけてましたよ。階段を昇り降りするともう汗だく。おかげで鍛えられちゃいましたよ(笑)。

ご主人

いつかは家を建てたいなとなんとなくは思ってましたけど、具体的には決まってなかった。妻の大変さもわかっていたつもりなので、エレベーターをつけようかなんて話も上がりましたが、ぼちぼちいろいろな見学会に足を運んでみてはいたんです。

奥さま

本当にぼちぼちだったわよね(笑)。ある日、「冬でも暖かい家」というチラシが入ってたんですよ。それで、主人に「ねえねえ、ちょっと行ってきてみてよ」と促したんです。そしたら電話がかかってきて「おい、本当にあったかくてすごいよ、びっくりした」と嬉しそうに話していたのを覚えています。

ご主人

実はそれなりにいろんな会社の見学会には行っていたんです。渡辺建築さんの見学会場に足を踏み入れたら、建てるんだったらこんな家がいいなと直感的に思いました。そういえば現場で偶然にも後輩に会ったんです。その後輩が渡辺さんに建ててもらったということで話を聞くとすごくいい人らしい。渡辺さんに初めてお会いしたときは具体的なビジョンは正直持っていなかったんですけど。

奥さま

そこから4年くらいはかかったかしら。渡辺さんとはいろいろなことを楽しくお話しさせていただきました。具体的な住まいの話はほとんどなくて、人生相談みたいな(笑)。家庭の事情とか、価値観とか。渡辺さんからも家に関する話題がほとんどなかったというのも、話しやすかった理由のひとつかもしれません。

ご主人

こちらのペースでじっくり待ってもらったという印象もあるなあ。私が「もうすぐ富士山が噴火しそうだからもうちょっと待ってみません?」なんて言ってみたり(笑)。あるとき、渡辺さんに家相を見てくれる人をご紹介いただいて。せっかくだからと母も含めて相談に出かけたら、家を建てるにはいい時だって言われて、その足で渡辺さんのところに寄ったんだよね。

奥さま

そういえばそうだったね。娘のことを中心に考えて、じっくりとお話しをさせていただいて。お母さんもいろいろと渡辺さんとお話していたわね。私にとってこの建てる前の4年くらいはとても楽しい時間を過ごした素敵な思い出です。

waka01

 

建てることが決まってからはどのような印象がありますか

奥さま

渡辺さんが手がけた家はたくさん見学させてもらいました。私は大渕のAさんちが印象に残っています。健康住宅というキーワードもあったので幻の漆喰や自然素材がたくさん使われていて、居心地のよさは格別でした。

ご主人

この期間、ほんとうに念入りに勉強させてもらいました。富士宮のIさんちや、住まいルーム隣のTさんち。じんわり暖かい蓄熱式暖房機はTさんちでひとめ惚れしました。Nさん邸の見学会も参加したなあ。最初は工法とかよくわからなかったけど、いろいろ見学するうちに、渡辺さんに頼んで間違いないということを確信できました。

奥さま

防蟻剤のエピソードは面白かった。上棟が済んだ後、たまたま雨風の強い日があったんです。心配して家族みんなで現場を見に行ったら基礎の部分が濡れているようにみえたんですね。「雨が吹き込んじゃって大変!」ってみんなで拭き取っていたら渡辺さんがひょっこり現れて「お揃いで何してんですか?」って。

ご主人

そしたら、雨が吹き込んだわけじゃなくてシロアリ予防のための薬剤だったんだよね。こちらも濡れてしまったとびっくりしたけど、渡辺さんも防蟻剤拭き取るなんて初めてですよ!ってびっくりしてた(笑)。

奥さま

起工式の時は感動的なエピソード。リーダーである渡辺さんが職人さんたちに向けて「私たちにとっては、仕事をするうえで何軒・何十軒と携わる現場ではあるけれど、Wさんたちにとっては一生に一度の新築。その想いを共有して作業をさせていただこう」と決意を再確認していたこと。じーんとしちゃいましたよ。

ご主人

渡辺さんの周りでは職人さんにも理念がしっかりと浸透してるんですよね。現場の整理整頓ひとつとっても目を見張るモノがある。もしかしたら僕たちの前では人当たりがいいけど、職人の前では厳しいのかもしれない(笑)。あと、若い人だけじゃなくて渡辺さんより年上かなって思う人など世代を問わずいい職人さんが集まっているような気がしますね。

奥さま

渡辺さんも、職人さんも、みんなが愛着をもって建ててくれるから住み心地がよくなるような気がしてならないんですよ。私、絶対にそういう気持ちって出来上がったものに反映されると思うんです。

 

住まわれて6年ほど。住み心地、使い勝手はいかがでしょうか。

ご主人

もちろん、不満をみつけるのが大変なくらい。階段の高さや天井の高さなど微妙なところまでオーダーさせていただきましたから。

奥さま

娘のことを考えて、渡辺さんと細部まで打合せしてくれていたよね。もちろん私の要望や家事動線なども反映してくれています。

ご主人

うづくりの床も、最初は丁寧に使っていたけど、ある日渡辺さんが遊びに来た時に「傷や汚れだって宝物になる思い出だよ」って教えてくれて。必要以上に神経質になる必要はないんだって改めて気が付きました。

奥さま

この床は、菩提寺の住職さんが気に入ってくれて。こりゃいいねえって(笑)。檀家まわりのついでにお寺の人がかわるがわる見にくるもんだから、紹介しましょうかって言っておきました。

ご主人

もう本当に住み心地がよいから、住んでる我々だけじゃなくってツバメも巣をつくっちゃって。それも5つもなんですよ。せっかくうちの軒先に巣を作ってくれたんだからってことでカラスよけにも気を使って大変なんです(苦笑)。

奥さま

そうそう。動物の話で言えば、家の窓に真っ白なヤモリがくっついていて…。私が「きゃああ!トカゲが出たー!」って大声で叫ぶものだから、主人が飛んできたこともありました。白いヤモリってなんだか縁起がよさそうじゃないですか?渡辺さんは地域の家守ですものね、これも面白いエピソードのひとつかしら(笑)。

ご主人

まあ、鳥や動物は冗談だとしても、家に来てくれる知り合いやお友達もすっかりリラックスしてくれるのは全員共通ですね。「時間を忘れる空間だねえ」なんて言ってくれる人が多くて素直に嬉しいですよ。きっとこの家の空気が居心地良いんでしょうね。

waka04

 

施工後のアフターについてはいかがでしょう

ご主人

台風や地震の後にもすぐ飛んできてくれる。いろいろ気にかけてもらっているんだなというのは実感します。

奥さま

もちろん住まいのこともそうなんだけど、本当に仲良しよね。渡辺さんがサイクリングで出かける時に、ウチを休憩所として使ってくれるんですよ。「ちょっとだけ休ませて~」なんて(笑)。それが自然体でできるから嫌味がまったくない。私も調子にのって「ねえねえ、渡辺さん。木が好きな人にこんなことしてみない」なんておせっかいを妬くこともあるんですよ。こういうことって信頼関係であったり、大工さんとお施主さんを超えた人間関係だと嬉しく思います。

ご主人

本当によく「聞いてくれる」人だなと思います。住まいについての相談も、建ててからもいろいろ投げかけさせていただいて、それに対しても絶対にゼロ回答がないんですよ。

奥さま

よく考えると当たり前のことなのかもしれませんが、聞くところによると大手メーカーさんだと担当が変わってしまったり、そもそも施工とアフターでは会社が違ったりするケースもあるんだとか。個人でやってるような大工さんだと連絡してもそれっきりなんて話も聞きますし。

ご主人

家のつくりや性能は実際の家を見てもらえるとわかると思うんだけど、アフターサービスはチラシやホームページではなかなか計れないですよね。そういった部分は会社としての姿勢や人柄がよく出ると思うんですよね。

奥さま

渡辺さんをひと言でいうなら…親戚よりも近い関係の頼れる大工さんって感じですね。友だちにそんなことを話すと、住まいのことを一緒に、楽しく考えてくれる大工さんって貴重な存在だってわかるんです。住まいのことを大切に考えるのであれば、渡辺さんこそ紹介したいわ(笑)。

ご主人

そうだね。少なくとも僕たちは気持よく毎日を過ごすことができている。これは渡辺さんと一緒にやってきたからこそだと思います。そう思える家族が増えるといいですね。

waka03

お施主さまと大工の関係性が羨ましいほどに信頼で結ばれる。地域の家守である渡辺建築では、こういった家づくり、住まいづくり。そして暮らしづくりのお手伝いができたらと常々思っております。
ご協力いただきましたW様ありがとうございました。

 
富士市 W様邸
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様


いい家は人がつくる。ちいさな要望と大きな希望を残らず叶えた、住む人のことを考えた家。

waka_main-thumb

住まわれておよそ6年。実用的で、住み心地のよい住まい。建てる前、建てている最中、そして建ててからのお付き合い。
暮らしづくりについて、Wさまと渡辺建築のストーリーを紐解きました。

 

家を建てようと思ったきっかけは

ご主人

前に住んでいた家は、鉄骨造の冬寒くて夏暑い家。太陽の光が屋根に降り注いで、その熱がダイレクトにくるので、ちょっと手を伸ばしただけでも異様に暑い。今考えるととんでもない家だったんですよ(苦笑)。

奥さま

丈夫なのはよかったけどね。外階段を登って2階部分が生活スペースになっていたので、暑さには拍車をかけてましたよ。階段を昇り降りするともう汗だく。おかげで鍛えられちゃいましたよ(笑)。

ご主人

いつかは家を建てたいなとなんとなくは思ってましたけど、具体的には決まってなかった。妻の大変さもわかっていたつもりなので、エレベーターをつけようかなんて話も上がりましたが、ぼちぼちいろいろな見学会に足を運んでみてはいたんです。

奥さま

本当にぼちぼちだったわよね(笑)。ある日、「冬でも暖かい家」というチラシが入ってたんですよ。それで、主人に「ねえねえ、ちょっと行ってきてみてよ」と促したんです。そしたら電話がかかってきて「おい、本当にあったかくてすごいよ、びっくりした」と嬉しそうに話していたのを覚えています。

ご主人

実はそれなりにいろんな会社の見学会には行っていたんです。渡辺建築さんの見学会場に足を踏み入れたら、建てるんだったらこんな家がいいなと直感的に思いました。そういえば現場で偶然にも後輩に会ったんです。その後輩が渡辺さんに建ててもらったということで話を聞くとすごくいい人らしい。渡辺さんに初めてお会いしたときは具体的なビジョンは正直持っていなかったんですけど。

奥さま

そこから4年くらいはかかったかしら。渡辺さんとはいろいろなことを楽しくお話しさせていただきました。具体的な住まいの話はほとんどなくて、人生相談みたいな(笑)。家庭の事情とか、価値観とか。渡辺さんからも家に関する話題がほとんどなかったというのも、話しやすかった理由のひとつかもしれません。

ご主人

こちらのペースでじっくり待ってもらったという印象もあるなあ。私が「もうすぐ富士山が噴火しそうだからもうちょっと待ってみません?」なんて言ってみたり(笑)。あるとき、渡辺さんに家相を見てくれる人をご紹介いただいて。せっかくだからと母も含めて相談に出かけたら、家を建てるにはいい時だって言われて、その足で渡辺さんのところに寄ったんだよね。

奥さま

そういえばそうだったね。娘のことを中心に考えて、じっくりとお話しをさせていただいて。お母さんもいろいろと渡辺さんとお話していたわね。私にとってこの建てる前の4年くらいはとても楽しい時間を過ごした素敵な思い出です。

waka01

 

建てることが決まってからはどのような印象がありますか

奥さま

渡辺さんが手がけた家はたくさん見学させてもらいました。私は大渕のAさんちが印象に残っています。健康住宅というキーワードもあったので幻の漆喰や自然素材がたくさん使われていて、居心地のよさは格別でした。

ご主人

この期間、ほんとうに念入りに勉強させてもらいました。富士宮のIさんちや、住まいルーム隣のTさんち。じんわり暖かい蓄熱式暖房機はTさんちでひとめ惚れしました。Nさん邸の見学会も参加したなあ。最初は工法とかよくわからなかったけど、いろいろ見学するうちに、渡辺さんに頼んで間違いないということを確信できました。

奥さま

防蟻剤のエピソードは面白かった。上棟が済んだ後、たまたま雨風の強い日があったんです。心配して家族みんなで現場を見に行ったら基礎の部分が濡れているようにみえたんですね。「雨が吹き込んじゃって大変!」ってみんなで拭き取っていたら渡辺さんがひょっこり現れて「お揃いで何してんですか?」って。

ご主人

そしたら、雨が吹き込んだわけじゃなくてシロアリ予防のための薬剤だったんだよね。こちらも濡れてしまったとびっくりしたけど、渡辺さんも防蟻剤拭き取るなんて初めてですよ!ってびっくりしてた(笑)。

奥さま

起工式の時は感動的なエピソード。リーダーである渡辺さんが職人さんたちに向けて「私たちにとっては、仕事をするうえで何軒・何十軒と携わる現場ではあるけれど、Wさんたちにとっては一生に一度の新築。その想いを共有して作業をさせていただこう」と決意を再確認していたこと。じーんとしちゃいましたよ。

ご主人

渡辺さんの周りでは職人さんにも理念がしっかりと浸透してるんですよね。現場の整理整頓ひとつとっても目を見張るモノがある。もしかしたら僕たちの前では人当たりがいいけど、職人の前では厳しいのかもしれない(笑)。あと、若い人だけじゃなくて渡辺さんより年上かなって思う人など世代を問わずいい職人さんが集まっているような気がしますね。

奥さま

渡辺さんも、職人さんも、みんなが愛着をもって建ててくれるから住み心地がよくなるような気がしてならないんですよ。私、絶対にそういう気持ちって出来上がったものに反映されると思うんです。

 

住まわれて6年ほど。住み心地、使い勝手はいかがでしょうか。

ご主人

もちろん、不満をみつけるのが大変なくらい。階段の高さや天井の高さなど微妙なところまでオーダーさせていただきましたから。

奥さま

娘のことを考えて、渡辺さんと細部まで打合せしてくれていたよね。もちろん私の要望や家事動線なども反映してくれています。

ご主人

うづくりの床も、最初は丁寧に使っていたけど、ある日渡辺さんが遊びに来た時に「傷や汚れだって宝物になる思い出だよ」って教えてくれて。必要以上に神経質になる必要はないんだって改めて気が付きました。

奥さま

この床は、菩提寺の住職さんが気に入ってくれて。こりゃいいねえって(笑)。檀家まわりのついでにお寺の人がかわるがわる見にくるもんだから、紹介しましょうかって言っておきました。

ご主人

もう本当に住み心地がよいから、住んでる我々だけじゃなくってツバメも巣をつくっちゃって。それも5つもなんですよ。せっかくうちの軒先に巣を作ってくれたんだからってことでカラスよけにも気を使って大変なんです(苦笑)。

奥さま

そうそう。動物の話で言えば、家の窓に真っ白なヤモリがくっついていて…。私が「きゃああ!トカゲが出たー!」って大声で叫ぶものだから、主人が飛んできたこともありました。白いヤモリってなんだか縁起がよさそうじゃないですか?渡辺さんは地域の家守ですものね、これも面白いエピソードのひとつかしら(笑)。

ご主人

まあ、鳥や動物は冗談だとしても、家に来てくれる知り合いやお友達もすっかりリラックスしてくれるのは全員共通ですね。「時間を忘れる空間だねえ」なんて言ってくれる人が多くて素直に嬉しいですよ。きっとこの家の空気が居心地良いんでしょうね。

waka04

 

施工後のアフターについてはいかがでしょう

ご主人

台風や地震の後にもすぐ飛んできてくれる。いろいろ気にかけてもらっているんだなというのは実感します。

奥さま

もちろん住まいのこともそうなんだけど、本当に仲良しよね。渡辺さんがサイクリングで出かける時に、ウチを休憩所として使ってくれるんですよ。「ちょっとだけ休ませて~」なんて(笑)。それが自然体でできるから嫌味がまったくない。私も調子にのって「ねえねえ、渡辺さん。木が好きな人にこんなことしてみない」なんておせっかいを妬くこともあるんですよ。こういうことって信頼関係であったり、大工さんとお施主さんを超えた人間関係だと嬉しく思います。

ご主人

本当によく「聞いてくれる」人だなと思います。住まいについての相談も、建ててからもいろいろ投げかけさせていただいて、それに対しても絶対にゼロ回答がないんですよ。

奥さま

よく考えると当たり前のことなのかもしれませんが、聞くところによると大手メーカーさんだと担当が変わってしまったり、そもそも施工とアフターでは会社が違ったりするケースもあるんだとか。個人でやってるような大工さんだと連絡してもそれっきりなんて話も聞きますし。

ご主人

家のつくりや性能は実際の家を見てもらえるとわかると思うんだけど、アフターサービスはチラシやホームページではなかなか計れないですよね。そういった部分は会社としての姿勢や人柄がよく出ると思うんですよね。

奥さま

渡辺さんをひと言でいうなら…親戚よりも近い関係の頼れる大工さんって感じですね。友だちにそんなことを話すと、住まいのことを一緒に、楽しく考えてくれる大工さんって貴重な存在だってわかるんです。住まいのことを大切に考えるのであれば、渡辺さんこそ紹介したいわ(笑)。

ご主人

そうだね。少なくとも僕たちは気持よく毎日を過ごすことができている。これは渡辺さんと一緒にやってきたからこそだと思います。そう思える家族が増えるといいですね。

waka03

お施主さまと大工の関係性が羨ましいほどに信頼で結ばれる。地域の家守である渡辺建築では、こういった家づくり、住まいづくり。そして暮らしづくりのお手伝いができたらと常々思っております。
ご協力いただきましたW様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です