富士市 S様邸

考えぬき、語り合う。こだわり抜いた夢を地域の家守が実現しました。

プロヴァンス風の外観が目を引くS様邸。
暮らしのことをとことん考え抜いて作り上げた二世帯住宅。お住いになって2年ほど経った住まいでお話を伺ってきました。

 

新しい住まいを考えられたきっかけは

奥さま

それまではアパート住まいだったんですけど、子どもが活発になるに連れて、音などに気を使うようになりまして。進学時期のことも考えると学区のことなどもきっかけかもしれません。

ご主人

実家の建て替えの時期も重なりましたので、徐々に新しい家のことを考えるようになりました。快適性を考えて、高気密高断熱の住まいを条件にいろいろと勉強しましたね。

奥さま

振り返るといろんな会社の見学会やショールームに足を運びましたね。

ご主人

そうだね。7~8社くらいですかね。けっこう行ったな(笑)。いろいろ見ているなかで、渡辺建築さんの見学会に足を運んだ時、新築特有の嫌な臭いがしなかったのでとても心地良かったのを覚えています。

奥さま

木の香りがふわっと香ったのを覚えています。家のことももちろんだけど、私は渡辺さんの人柄が親しみやすくて話しやすい人だなって思ったことがポイント高かったですね(笑)。

ご主人

この人なら僕の要望を汲んでくれるんじゃないかって思いました。渡辺さんに出会えたことが新築のきっかけかもしれません。

suzuki01

 

家づくりの打合せはどんな内容でしたか

奥さま

主人と渡辺さんでみっちりプランを話し合っていましたよ。1年くらいはかかったかしら。

ご主人

じっくりと話し合ったんですよ。近所で気に入った住まいを発見したら、写真を撮ってきて渡辺さんと共有したりしました。他にもいろいろな要望をこちらから出させていただいて、渡辺さんが宿題を持ち帰るの繰り返しでした(笑)。

奥さま

渡辺さんって、宿題が出た時にすぐ「できない」というフレーズを使わないんですよ。なんらかの回答をしようって試行錯誤してくれるんです。

ご主人

技術と知識をもつキャリア30年超の大工さんが目一杯に頭と足を使って考えてくれたので、男性目線で言えば二人三脚で作りこんでいったという気持ちが持てて嬉しいですね。

奥さま

私はプロヴァンス風の外観と、白を基調としたナチュラルな内装の希望をお伝えしました。当初は腰板を予定していませんでしたが、渡辺さんの提案で木を多く使うことによって落ち着く感じがプラスされて、とても気に入っています。

suzuki02

 

二世帯住宅ということでこだわったポイントはありますか

ご主人

世代が違えば生活スタイルも違うので、ある程度プライバシーに配慮できるようにと渡辺さんに相談させていただきました。父はホームシアターで映画鑑賞をすることも好きなので、音量のことなどを考えて最終的には一階と二階の間に仕切り戸をつけたんです。

奥さま

それでも娘は上も下も自由に行ったり来たりしてますけど(笑)。開けっ放しにしておけば、二階で家事をしていても娘の存在を感じることができるので安心しています。

ご主人

下の階のリビングに配した階段は、親世帯と子世帯をつないでいるような気がします。

奥さま

お母さんの「和室が欲しい」という希望も渡辺さんに相談していたよね。

ご主人

そういう意味では間取りの話はたくさんしましたね。他の会社の現場などで見つけてきた収納スペースや私のホビールーム兼書斎などいろいろオーダーをさせていただきました。手間だったとは思いますが、渡辺さんも創意工夫をもって楽しみながらつくっていただけたんじゃないかと思ってます(笑)。

suzuki03

 

今後、住まいの楽しみをお聞かせください

ご主人

こだわりを詰め込んだ住まいなので、もっと楽しんでいきたいですね。生活にアクセントがあったらいいなと思うので、家具なんかも自分でつくったりしますし、DIYでウッドデッキを創ることにも挑戦したいと思っています。

奥さま

可変性のある間取りになっていますし、家族が増えた時のことを想像するのも楽しいですね。また、夏は涼しいし、冬は暖かい。無垢材の床は冬でも「冷たい」と感じることもなくとても快適なので、暮らしそのものを楽しんでいきたいと思います。

ご主人

今後も暮らしについていろいろ相談していきたいと思います。

奥さま

本当に気さくな人なので、住まいに関して気になることがあったら何でも質問したほうがいいですよね。これから家を建てようという人には渡辺さんをゼヒお薦めしたいです。

suzuki04

 
富士市 S様邸
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様


考えぬき、語り合う。こだわり抜いた夢を地域の家守が実現しました。

プロヴァンス風の外観が目を引くS様邸。
暮らしのことをとことん考え抜いて作り上げた二世帯住宅。お住いになって2年ほど経った住まいでお話を伺ってきました。

 

新しい住まいを考えられたきっかけは

奥さま

それまではアパート住まいだったんですけど、子どもが活発になるに連れて、音などに気を使うようになりまして。進学時期のことも考えると学区のことなどもきっかけかもしれません。

ご主人

実家の建て替えの時期も重なりましたので、徐々に新しい家のことを考えるようになりました。快適性を考えて、高気密高断熱の住まいを条件にいろいろと勉強しましたね。

奥さま

振り返るといろんな会社の見学会やショールームに足を運びましたね。

ご主人

そうだね。7~8社くらいですかね。けっこう行ったな(笑)。いろいろ見ているなかで、渡辺建築さんの見学会に足を運んだ時、新築特有の嫌な臭いがしなかったのでとても心地良かったのを覚えています。

奥さま

木の香りがふわっと香ったのを覚えています。家のことももちろんだけど、私は渡辺さんの人柄が親しみやすくて話しやすい人だなって思ったことがポイント高かったですね(笑)。

ご主人

この人なら僕の要望を汲んでくれるんじゃないかって思いました。渡辺さんに出会えたことが新築のきっかけかもしれません。

suzuki01

 

家づくりの打合せはどんな内容でしたか

奥さま

主人と渡辺さんでみっちりプランを話し合っていましたよ。1年くらいはかかったかしら。

ご主人

じっくりと話し合ったんですよ。近所で気に入った住まいを発見したら、写真を撮ってきて渡辺さんと共有したりしました。他にもいろいろな要望をこちらから出させていただいて、渡辺さんが宿題を持ち帰るの繰り返しでした(笑)。

奥さま

渡辺さんって、宿題が出た時にすぐ「できない」というフレーズを使わないんですよ。なんらかの回答をしようって試行錯誤してくれるんです。

ご主人

技術と知識をもつキャリア30年超の大工さんが目一杯に頭と足を使って考えてくれたので、男性目線で言えば二人三脚で作りこんでいったという気持ちが持てて嬉しいですね。

奥さま

私はプロヴァンス風の外観と、白を基調としたナチュラルな内装の希望をお伝えしました。当初は腰板を予定していませんでしたが、渡辺さんの提案で木を多く使うことによって落ち着く感じがプラスされて、とても気に入っています。

suzuki02

 

二世帯住宅ということでこだわったポイントはありますか

ご主人

世代が違えば生活スタイルも違うので、ある程度プライバシーに配慮できるようにと渡辺さんに相談させていただきました。父はホームシアターで映画鑑賞をすることも好きなので、音量のことなどを考えて最終的には一階と二階の間に仕切り戸をつけたんです。

奥さま

それでも娘は上も下も自由に行ったり来たりしてますけど(笑)。開けっ放しにしておけば、二階で家事をしていても娘の存在を感じることができるので安心しています。

ご主人

下の階のリビングに配した階段は、親世帯と子世帯をつないでいるような気がします。

奥さま

お母さんの「和室が欲しい」という希望も渡辺さんに相談していたよね。

ご主人

そういう意味では間取りの話はたくさんしましたね。他の会社の現場などで見つけてきた収納スペースや私のホビールーム兼書斎などいろいろオーダーをさせていただきました。手間だったとは思いますが、渡辺さんも創意工夫をもって楽しみながらつくっていただけたんじゃないかと思ってます(笑)。

suzuki03

 

今後、住まいの楽しみをお聞かせください

ご主人

こだわりを詰め込んだ住まいなので、もっと楽しんでいきたいですね。生活にアクセントがあったらいいなと思うので、家具なんかも自分でつくったりしますし、DIYでウッドデッキを創ることにも挑戦したいと思っています。

奥さま

可変性のある間取りになっていますし、家族が増えた時のことを想像するのも楽しいですね。また、夏は涼しいし、冬は暖かい。無垢材の床は冬でも「冷たい」と感じることもなくとても快適なので、暮らしそのものを楽しんでいきたいと思います。

ご主人

今後も暮らしについていろいろ相談していきたいと思います。

奥さま

本当に気さくな人なので、住まいに関して気になることがあったら何でも質問したほうがいいですよね。これから家を建てようという人には渡辺さんをゼヒお薦めしたいです。

suzuki04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です