富士市 K様邸

使い勝手のよい住まいは、家族の笑顔を広がる住まい。

kobayashi_main-thumb

小川のせせらぎ、裏の田んぼ。自然に囲まれたK様邸は「家族を想う」そんな住まいです。
完成から間もないころ、さっそくその使いをうかがってきました。

 

新築を考えられた理由はなんですか?

奥さま

ずっと前からこの土地で家族みんな仲良く暮らしたいと思っていたんです。いろいろ想像していたらすごく大きな家になっちゃってね(笑)。私にとって家族みんながひとつ屋根の下というのは夢だったんですよ。

ご主人

おおきなきっかけは阪神淡路の震災を目の当たりにして、構造などの不安を感じたことかな。前の家は昭和56年の耐震基準を満たしていない家でね。

奥さま

雨漏りや白蟻、すきま風なんかもあったわよね。私の目が弱くなってしまったのも理由のひとつかしら。

ご主人

身内に職人さんがいて「自信を持って任せられる大工さんだから紹介するよ!」と紹介してくれたんですよ。

息子さん

いろいろタイミングが重なった時に、渡辺さんに出会えたということも要因のひとつだよね。
奥さま だから他の住宅会社との比較はほとんどしてないんですよ。最初はお父さんと息子は手っ取り早いだろうってことで大手メーカーでいいんじゃないかって言ってましたけど(苦笑)。

息子さん

一度「住まいルーム」にお邪魔させていただいた時に、木の使い方や空気感が“するっと”入ってきたんですよ。友人の家など新築の家を見る機会もあったんですけど、渡辺さんの建てた家はなんか落ち着くんですよね。

ご主人

設計の坪内さんとお話させていただいた時も、家族みんなの要望を丁寧に汲んでくれて一回目のイメージ図でだいぶ気に入ってしまってね。細かい修正はあったけれども、かなりスムーズに進んでいったと思う。

kobayashi01

 

こだわりやご要望どんなところに詰まっていますか

ご主人

家内がスムーズに家のなかのことができるようにとの想いがあったので、バリアフリーであることと、シンプルであることを重視しましたね。

息子さん

間取りも前の家をトレースするようなイメージで極力変えないように要望しました。

奥さま

おかげで今までと変わらない感覚で違和感なく過ごせています。使い勝手もよりスムーズになって家事も捗ってますよ(笑)。

ご主人

シンプルなんですけど空間の余裕もできたので居心地はとてもいいですよ。LDKで新聞を広げながら家内の存在も感じられるし自分の部屋よりもリビングにいる時間が多くなったなあ。

奥さま

使い勝手のよい一階に比べて、二階は息子の趣味が存分に反映されてるんですよ(笑)。

息子さん

とにかく楽しみながら暮らしたいって思って。渡辺さんや職人さんに相談しながら細部にアクセントを加えて、家に友達を呼んで楽しくできたらいいなと思っています。暮らし始めた今でも「ああしよう、こうしよう」って思えることは嬉しいですね。

kobayashi02

 

打ち合わせなどでのエピソードを教えて下さい

ご主人

まあとにかくスムーズでしたね(笑)。経験のある人に任せておけば間違いないと思っていましたから。スーパーウォール工法を採用しているから安心なんだということは実感できるけど、詳しい数値なんかはやっぱり腕のある大工さん、渡辺さんに任せっきりですよ(笑)。

奥さま

永井さんや卓馬くんなどの若い職人もきっちり挨拶もできるし頼もしいですよね。そういえば、節のある大黒柱も渡辺さんの提案なんですよ。このおかげでなんだか高級感が出たような気がするわ。

息子さん

エピソードといえば、渡辺さんと食事をご一緒させていただいた時の話なんですけど、ものすごく食べるんですよ。サラダバーを山盛りに野菜をとってきた時にびっくりしましたよね。垣根なくコミュニケーションがとれて充実した時間でした。そんなこともあって楽しくできるんですよね。

kobayashi03

 

渡辺建築のセールスポイントはどんなところだと思いますか?

ご主人

最初から友達みたいな感じだよね。笑顔がいいんですよ。人懐っこい。

息子さん

ビジネスって感じがしないんですよね。だから家づくりをじっくりと楽しみたい人にはおすすめだと思います。私は家が完成してから「ただいま」という瞬間が嬉しく思えるようになりました。家に帰りたくなったというか(笑)。

奥さま

セールスポイントは渡辺さん、その人だと思いますよ。目が弱い分だけ、声やしぐさで人柄がよくわかるんですけど、渡辺さんなら自信をもって人に紹介したいですね。お友達にも渡辺建築さんのホームページのファンの方もいるほどですよ。

ご主人

家そのものの安心感、渡辺さんという人。職人のみなさんなどどこをとってもセールスポイントだと思いますよ。私たちは住み始めてからおよそ2ヶ月、これからも渡辺さんにお世話になって、この家で家族を大切に健やかに過ごして行きたいと思います。渡辺さんには感謝しています。

kobayashi04

聞き手より
家族が家族のことを想う。そんなK様ご一家。それを包み込む高性能な家は地域の家守手づくりです。「なんだかこそばゆい」と言いながらも代表である渡辺安彦も実際に住まわれているK様たちの笑顔をみて充実の表情を見せていました。
渡辺建築はお施主様に恵まれている、またそれを大切にできる渡辺建築は幸せ者だと実感しました。

 
富士市 K様邸
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様


使い勝手のよい住まいは、家族の笑顔を広がる住まい。

kobayashi_main-thumb

小川のせせらぎ、裏の田んぼ。自然に囲まれたK様邸は「家族を想う」そんな住まいです。
完成から間もないころ、さっそくその使いをうかがってきました。

 

新築を考えられた理由はなんですか?

奥さま

ずっと前からこの土地で家族みんな仲良く暮らしたいと思っていたんです。いろいろ想像していたらすごく大きな家になっちゃってね(笑)。私にとって家族みんながひとつ屋根の下というのは夢だったんですよ。

ご主人

おおきなきっかけは阪神淡路の震災を目の当たりにして、構造などの不安を感じたことかな。前の家は昭和56年の耐震基準を満たしていない家でね。

奥さま

雨漏りや白蟻、すきま風なんかもあったわよね。私の目が弱くなってしまったのも理由のひとつかしら。

ご主人

身内に職人さんがいて「自信を持って任せられる大工さんだから紹介するよ!」と紹介してくれたんですよ。

息子さん

いろいろタイミングが重なった時に、渡辺さんに出会えたということも要因のひとつだよね。
奥さま だから他の住宅会社との比較はほとんどしてないんですよ。最初はお父さんと息子は手っ取り早いだろうってことで大手メーカーでいいんじゃないかって言ってましたけど(苦笑)。

息子さん

一度「住まいルーム」にお邪魔させていただいた時に、木の使い方や空気感が“するっと”入ってきたんですよ。友人の家など新築の家を見る機会もあったんですけど、渡辺さんの建てた家はなんか落ち着くんですよね。

ご主人

設計の坪内さんとお話させていただいた時も、家族みんなの要望を丁寧に汲んでくれて一回目のイメージ図でだいぶ気に入ってしまってね。細かい修正はあったけれども、かなりスムーズに進んでいったと思う。

kobayashi01

 

こだわりやご要望どんなところに詰まっていますか

ご主人

家内がスムーズに家のなかのことができるようにとの想いがあったので、バリアフリーであることと、シンプルであることを重視しましたね。

息子さん

間取りも前の家をトレースするようなイメージで極力変えないように要望しました。

奥さま

おかげで今までと変わらない感覚で違和感なく過ごせています。使い勝手もよりスムーズになって家事も捗ってますよ(笑)。

ご主人

シンプルなんですけど空間の余裕もできたので居心地はとてもいいですよ。LDKで新聞を広げながら家内の存在も感じられるし自分の部屋よりもリビングにいる時間が多くなったなあ。

奥さま

使い勝手のよい一階に比べて、二階は息子の趣味が存分に反映されてるんですよ(笑)。

息子さん

とにかく楽しみながら暮らしたいって思って。渡辺さんや職人さんに相談しながら細部にアクセントを加えて、家に友達を呼んで楽しくできたらいいなと思っています。暮らし始めた今でも「ああしよう、こうしよう」って思えることは嬉しいですね。

kobayashi02

 

打ち合わせなどでのエピソードを教えて下さい

ご主人

まあとにかくスムーズでしたね(笑)。経験のある人に任せておけば間違いないと思っていましたから。スーパーウォール工法を採用しているから安心なんだということは実感できるけど、詳しい数値なんかはやっぱり腕のある大工さん、渡辺さんに任せっきりですよ(笑)。

奥さま

永井さんや卓馬くんなどの若い職人もきっちり挨拶もできるし頼もしいですよね。そういえば、節のある大黒柱も渡辺さんの提案なんですよ。このおかげでなんだか高級感が出たような気がするわ。

息子さん

エピソードといえば、渡辺さんと食事をご一緒させていただいた時の話なんですけど、ものすごく食べるんですよ。サラダバーを山盛りに野菜をとってきた時にびっくりしましたよね。垣根なくコミュニケーションがとれて充実した時間でした。そんなこともあって楽しくできるんですよね。

kobayashi03

 

渡辺建築のセールスポイントはどんなところだと思いますか?

ご主人

最初から友達みたいな感じだよね。笑顔がいいんですよ。人懐っこい。

息子さん

ビジネスって感じがしないんですよね。だから家づくりをじっくりと楽しみたい人にはおすすめだと思います。私は家が完成してから「ただいま」という瞬間が嬉しく思えるようになりました。家に帰りたくなったというか(笑)。

奥さま

セールスポイントは渡辺さん、その人だと思いますよ。目が弱い分だけ、声やしぐさで人柄がよくわかるんですけど、渡辺さんなら自信をもって人に紹介したいですね。お友達にも渡辺建築さんのホームページのファンの方もいるほどですよ。

ご主人

家そのものの安心感、渡辺さんという人。職人のみなさんなどどこをとってもセールスポイントだと思いますよ。私たちは住み始めてからおよそ2ヶ月、これからも渡辺さんにお世話になって、この家で家族を大切に健やかに過ごして行きたいと思います。渡辺さんには感謝しています。

kobayashi04

聞き手より
家族が家族のことを想う。そんなK様ご一家。それを包み込む高性能な家は地域の家守手づくりです。「なんだかこそばゆい」と言いながらも代表である渡辺安彦も実際に住まわれているK様たちの笑顔をみて充実の表情を見せていました。
渡辺建築はお施主様に恵まれている、またそれを大切にできる渡辺建築は幸せ者だと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です