富士市 N様邸

地域の家守と相談して手に入れた、何ものにも代えがたい健康に暮らすための家。

nakagawa_main-thumb

潮風が気持ち良い街道近くの片流れ屋根のモダンな住まい。
仲むつまじく暮らす家は、末永く健康に暮らすという確たる目的のために、地域の家守が丁寧につくりあげていきました。
住んでから5年の歳月が経過した初夏のある日、三人で暮らしのことを話しました。

 

新しい住まいを考えるきっかけはどんなところにありましたか

ご主人

以前住んでいた家はね、昔ながらの間取りの住まいで。それなりに年齢も重ねてきたので、リフォームをして住みやすくしようかなと思っていたんだ。

奥さま

なんていうか不健康な家だったの。薄暗くて、なんだか気分も暗くなるような…。家のなかを移動するのが億劫で小さな段差でもつまづいてしまったり。

ご主人

渡辺建築とは親父さんの代からの付き合いということもあったので、まずはリフォームを前提に相談してみたんだ。

奥さま

完成見学会でAさんのお宅Tさんのお宅を見させていただいてね。足を踏みいれた瞬間に、「ああ私たちこういう家に住みたいんだ、こんな暮らしがしたいんだ」ってピンときたんです。私たちの暮らしに対する想いが募るなかで、リフォームよりもできることがたくさんある新築にしちゃおうって。

ご主人

新築もひとつの手段だなというお話をいただいて、図面も何度か書いてもらった。よく考えればそうだよね。目的は「健康に暮らしたい」ということであって、住まいを新しくする、リフォームにしろ新築にしろそれは手段でしかないんだということに気が付かせてくれた。

奥さま

健康のことを考えたらやって本当によかったと思います。

ご主人

そうだね。金額でははかれない大切なものがある。環境って大事だよ、本当にそう思う。

nakagawa01

 

「健康に暮らす家」住み心地はいかがでしょうか。

ご主人

まず空気が違うね。これは言葉で言ってもわからないよ。漆喰や杉の自然素材が湿気や臭いを吸ってくれる。空気が澄んでいるというか。ご覧の通り、室内犬を飼っているんだけど嫌な臭いがないんだよ。むしろいい杉のいい香りがするんだよね。住み始めると鼻が慣れてきてしまうんですが、何日か家を空けて帰ってきた時にはやっぱり深呼吸をしたくなるよ。

奥さま

段差にしても、空気にしてもストレスがないことは生活していて本当に楽ですよ。家の中でも行動範囲が広がりました。住んでいると良さに慣れてきますけど、お友達をお招きした時に「いいお住まいですねえ。私はこんな家に住みたかったんですよ」とお世辞なしで褒めていただいた時はやっぱり鼻が高くなりますね(笑)。

ご主人

渡辺さんは「Nさんちは、健康に暮らしたいという目的がしっかりしていたから、提案もしやすかったです」と言ってくれる。こちらもおかげさまで心地いい暮らしができている。何よりも毎日の生活を安心して過ごせることがなによりの住み心地のよさだね。

nakagawa02

 

住まいのなかで気に入っているところはありますか

ご主人

家の中全部だね、階段のまわりをぐるっと囲むようにウォークスルーできるようになってるし。
奥さま バリアフリーということで車いすのことも想定して、玄関口にスロープもついているんです。健康になった今では必要ないですけどね(笑)。

ご主人

あとは、親方だよね。電話をかければすぐに来てくれる。職人も安心感がある。これは他のメーカーではなかなかできないことだと思うよ。補助金の話も提案してくれて、おかげで建具も杉に変えることができたよ。現場での工事は私がリタイアしてからの着工で、施主が毎日現場に来るもんだからやりづらかっただろうね。現役中は品質管理のような職だったからチェックも甘くはないからね(笑)

奥さま

他の住宅会社なんかでは、施工中の現場に許可無く入れないなんて聞いたこともあるけれど、渡辺さんの場合はそんなこと全然ありませんでしたよね。

ご主人

職人たちも責任もって現場で活躍してくれましたね。不思議と仕上がりに人柄が出るような気がするね。
奥さま そうなの、昔の家には不満があったのは確かなんだけど、新居に住み始めて、新築の家なのに長く住んでいたような気がしたんですよ。前の家では初日はなかなか寝付けないかったんだけど、違和感もなくすっと眠りについちゃったわ(笑)。

nakagawa03

 

渡辺建築のお客さまは生活を楽しもうとされる方が多い気がします

ご主人

そうかもしれないですね。住まいでもクルマでも趣味でも愛着をもって使ったほうが長く使えるし、大切にできると思うんですよね。見せてもらったお宅も、それぞれ住まわれている人のカラーが出るよね。ひとつとして同じ家という感じがしなかったんだよね。

奥さま

私たちも背伸びして暮らすのではなくて、普段着の生活を大切にしたいですよね。よそ行き感覚ではなく普段着の中での贅沢というか。

ご主人

繰り返しになっちゃうけど、自分たちが望むように暮らすには環境は大事なんだよ「健康に暮らしたい、笑顔で暮らしたい」。そのためには目的を叶えられる住まいで暮らす。私たちは渡辺建築に頼んでよかったですよ。家を見てもらえば、暮らしを見てもらえればそのよさがわかると思うよ。

お二人

こんな話でいいのかな?素直な感想を言わせてもらったけど(笑)。
今日はありがとうございました。

 

 
富士市 N様邸
工事種別 :   完成 : 

工事箇所

使用材


1階面積

合計


使用材

 

仕様


地域の家守と相談して手に入れた、何ものにも代えがたい健康に暮らすための家。

nakagawa_main-thumb

潮風が気持ち良い街道近くの片流れ屋根のモダンな住まい。
仲むつまじく暮らす家は、末永く健康に暮らすという確たる目的のために、地域の家守が丁寧につくりあげていきました。
住んでから5年の歳月が経過した初夏のある日、三人で暮らしのことを話しました。

 

新しい住まいを考えるきっかけはどんなところにありましたか

ご主人

以前住んでいた家はね、昔ながらの間取りの住まいで。それなりに年齢も重ねてきたので、リフォームをして住みやすくしようかなと思っていたんだ。

奥さま

なんていうか不健康な家だったの。薄暗くて、なんだか気分も暗くなるような…。家のなかを移動するのが億劫で小さな段差でもつまづいてしまったり。

ご主人

渡辺建築とは親父さんの代からの付き合いということもあったので、まずはリフォームを前提に相談してみたんだ。

奥さま

完成見学会でAさんのお宅Tさんのお宅を見させていただいてね。足を踏みいれた瞬間に、「ああ私たちこういう家に住みたいんだ、こんな暮らしがしたいんだ」ってピンときたんです。私たちの暮らしに対する想いが募るなかで、リフォームよりもできることがたくさんある新築にしちゃおうって。

ご主人

新築もひとつの手段だなというお話をいただいて、図面も何度か書いてもらった。よく考えればそうだよね。目的は「健康に暮らしたい」ということであって、住まいを新しくする、リフォームにしろ新築にしろそれは手段でしかないんだということに気が付かせてくれた。

奥さま

健康のことを考えたらやって本当によかったと思います。

ご主人

そうだね。金額でははかれない大切なものがある。環境って大事だよ、本当にそう思う。

nakagawa01

 

「健康に暮らす家」住み心地はいかがでしょうか。

ご主人

まず空気が違うね。これは言葉で言ってもわからないよ。漆喰や杉の自然素材が湿気や臭いを吸ってくれる。空気が澄んでいるというか。ご覧の通り、室内犬を飼っているんだけど嫌な臭いがないんだよ。むしろいい杉のいい香りがするんだよね。住み始めると鼻が慣れてきてしまうんですが、何日か家を空けて帰ってきた時にはやっぱり深呼吸をしたくなるよ。

奥さま

段差にしても、空気にしてもストレスがないことは生活していて本当に楽ですよ。家の中でも行動範囲が広がりました。住んでいると良さに慣れてきますけど、お友達をお招きした時に「いいお住まいですねえ。私はこんな家に住みたかったんですよ」とお世辞なしで褒めていただいた時はやっぱり鼻が高くなりますね(笑)。

ご主人

渡辺さんは「Nさんちは、健康に暮らしたいという目的がしっかりしていたから、提案もしやすかったです」と言ってくれる。こちらもおかげさまで心地いい暮らしができている。何よりも毎日の生活を安心して過ごせることがなによりの住み心地のよさだね。

nakagawa02

 

住まいのなかで気に入っているところはありますか

ご主人

家の中全部だね、階段のまわりをぐるっと囲むようにウォークスルーできるようになってるし。
奥さま バリアフリーということで車いすのことも想定して、玄関口にスロープもついているんです。健康になった今では必要ないですけどね(笑)。

ご主人

あとは、親方だよね。電話をかければすぐに来てくれる。職人も安心感がある。これは他のメーカーではなかなかできないことだと思うよ。補助金の話も提案してくれて、おかげで建具も杉に変えることができたよ。現場での工事は私がリタイアしてからの着工で、施主が毎日現場に来るもんだからやりづらかっただろうね。現役中は品質管理のような職だったからチェックも甘くはないからね(笑)

奥さま

他の住宅会社なんかでは、施工中の現場に許可無く入れないなんて聞いたこともあるけれど、渡辺さんの場合はそんなこと全然ありませんでしたよね。

ご主人

職人たちも責任もって現場で活躍してくれましたね。不思議と仕上がりに人柄が出るような気がするね。
奥さま そうなの、昔の家には不満があったのは確かなんだけど、新居に住み始めて、新築の家なのに長く住んでいたような気がしたんですよ。前の家では初日はなかなか寝付けないかったんだけど、違和感もなくすっと眠りについちゃったわ(笑)。

nakagawa03

 

渡辺建築のお客さまは生活を楽しもうとされる方が多い気がします

ご主人

そうかもしれないですね。住まいでもクルマでも趣味でも愛着をもって使ったほうが長く使えるし、大切にできると思うんですよね。見せてもらったお宅も、それぞれ住まわれている人のカラーが出るよね。ひとつとして同じ家という感じがしなかったんだよね。

奥さま

私たちも背伸びして暮らすのではなくて、普段着の生活を大切にしたいですよね。よそ行き感覚ではなく普段着の中での贅沢というか。

ご主人

繰り返しになっちゃうけど、自分たちが望むように暮らすには環境は大事なんだよ「健康に暮らしたい、笑顔で暮らしたい」。そのためには目的を叶えられる住まいで暮らす。私たちは渡辺建築に頼んでよかったですよ。家を見てもらえば、暮らしを見てもらえればそのよさがわかると思うよ。

お二人

こんな話でいいのかな?素直な感想を言わせてもらったけど(笑)。
今日はありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です