自分流にヴィンテージスタイル

「30年前に親が建てた家を大切にしたいけど、生活スタイルが合わなくて・・・」

そんなご相談からスタートしました。

今ある家も大切にしないとね。 つくり手としてもほっとするものがありました。

リフォームの目的は使い勝手を良く、明るい部屋、冬も暖かく、そして自分流にセンスアップして毎日を楽しみたい。

和の雰囲気を残して畳を杉の床板に、古民家風に色づけした木と幻の漆喰の白で引き締まった部屋は、趣味のナチュラル雑貨の飾り付けがとても似合う空間です。

 
自分流にヴィンテージスタイル
工事種別 : 

リフォーム

  完成 : 

平成27年4月


工事箇所

リビング、キッチン、浴室、洗面室、トイレ、ホール・廊下、ウッドデッキ・テラス

使用材

杉床板、幻の漆喰、FFC免疫加工


1階面積

合計


使用材

杉床板、幻の漆喰、FFC免疫加工

 

仕様


「30年前に親が建てた家を大切にしたいけど、生活スタイルが合わなくて・・・」

そんなご相談からスタートしました。

今ある家も大切にしないとね。 つくり手としてもほっとするものがありました。

リフォームの目的は使い勝手を良く、明るい部屋、冬も暖かく、そして自分流にセンスアップして毎日を楽しみたい。

和の雰囲気を残して畳を杉の床板に、古民家風に色づけした木と幻の漆喰の白で引き締まった部屋は、趣味のナチュラル雑貨の飾り付けがとても似合う空間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です