自分流にヴィンテージスタイル

自分流にヴィンテージスタイル

「30年前に親が建てた家を大切にしたいけど、生活スタイルが合わなくて・・・」

そんなご相談からスタートしました。

今ある家も大切にしないとね。 つくり手としてもほっとするものがありました。

リフォームの目的は使い勝手を良く、明るい部屋、冬も暖かく、そして自分流にセンスアップして毎日を楽しみたい。

和の雰囲気を残して畳を杉の床板に、古民家風に色づけした木と幻の漆喰の白で引き締まった部屋は、趣味のナチュラル雑貨の飾り付けがとても似合う空間です。

「地震と闘わない」リフォーム

「地震と闘わない」リフォーム

「大きな地震が来たときに、30年以上経つブロック塀が倒れて、 近所の人に迷惑がかからないようにしたい!」 そんなお施主様の想いから始まったエクステリアリフォーム。

危険なブロック塀を取り壊し、新たに低く積みなおしました。

玄関まわりには生垣を設けることで 近隣の景観に潤いを与えます。

不安が取り除かれ、「家の中が明るくなって、 風通しも良くなったよ!」と、 家の中の暮らしも生まれ変わった エクステリアリフォームです。