牡丹を楽しむ庭

牡丹を楽しむ庭

これまで砂利だったスペースに 鉄平石による園路と植栽空間をこしらえました。 植栽空間は、お施主様が大好きな牡丹を中心に配植。 春には、艶やかな牡丹が咲き誇ります。 「一年中、朝から楽しんでるわよ!」 「春は、花が咲いて楽しいのはもちろん、 鳥も蝶々も遊びに来るからね。ほら!」 そんな会話が楽しいです。

ほっとする門まわり

ほっとする門まわり

「みどり」と「あかり」で門まわりを彩りました。
小さな植栽スペースですが、一年を通じて楽しませてくれます。
「あかり」は暗くなったときの安らぎだけでなく、
防犯の役割も果たしてくれます。
「あかりがついている我が家に帰ってくることを目標に
毎日の仕事を頑張っています」というお施主様のお言葉がうれしいです。
また、玄関前の縦格子がお施主様にも来客の方にも
安心感を与えてくれます。

思い出を継ぐ家

思い出を継ぐ家

地震が心配で建て替えに踏み切ったお施主様とはお父さんの代からのお付き合いです。
お父さんとの思い出も家づくりに取り入れました。既存のお宅でお父さんのお気に入りだった絞り丸太の床柱、和室の化粧柱などを使って仏間を作りました。お父さんとの思い出と一緒に暮らしていただいています。
玄関先の灯りと植栽は、帰宅時間の遅いお施主様にとって「家に帰る楽しみ」となっているようです。